教  義 - 宗教・科学・経済を統合する理論
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 概要
 宗教・科学・経済の各理論と互いの関連について
 従来の科学理論、経済理論の問題点と解決策
 教義(各論)
   宗教・科学・経済統合   宗教   科学   経済
概要
 宗教、科学、経済は本来一体の理論です。
 別々の学問として独立していたのは、それ
 ぞれの完成度が不十分なためです。
 未完成なので、一体化できていなかったので
 す。
 完成度を高め、一体化を実現することにより、
 宗教・科学・経済に対する理解度は格段に
 向上します。その結果、人々の行動様式が
 変化し、社会全体が調和します。
 この高度な理解・調和により、人類は飛躍的
 な発展を遂げることができるのです。
宗教・科学・経済の各理論と互いの関連について
範疇 主な理論 主な内容 宗教・科学・経済間の関連
宗教 人類救済の
基本原理
霊位(人の内面意識の格)
上昇速度を最大にする方法
・全ての人に平等に霊位上昇
 を行う
・全ての人に平等に積徳を行う
 (積徳量を最大にする方法)

磁界エネルギー(オーラ)生成理論で生成した磁界エネルギーで、人類の霊位上昇、積徳を行う。

5次元理論を使用
磁界エネルギー生成方法
 (オーラ生成方法)
オーラ発生装置
オーラを見る方法

フラクタル経済理論を使用
・全ての人の経済的豊かさが
 等しい時、経済発展速度は
 最大になる。

科学 5次元理論
 第1巻
 第2巻
 第3巻
 第4巻
5次元は時間と空間を入替えた世界。内面世界である。
世界は意識による認識処理結果。フラクタルである。
認識処理は脳で行う。認識する情報は全て脳内に存在する。よって人は宇宙大の脳(認識処理結果)と頭部の脳、大小2種類の脳を常に同時に認識していることになる。
よって、人と宇宙は同じものの別の見方である。

素粒子で世界が構成されているという従来の物理学の考え方は、人が互いに分離してつながっていないという理論であり、誤りである。(2種類の脳を同時に認識している状態を説明できない)

人類救済の基本原理との関連
霊位上昇速度・積徳量を最大にする方法が成立する理由は、世界がフラクタルで構成されていることである。これは5次元理論の結論である。

フラクタル経済理論との関連
貨幣制度を廃止し、仕事の価値が積徳量で保存されることが常識になると、人類は最も豊かになる。この時人類の霊位上昇速度(磁界エネルギー蓄積速度)は最大となる。これは人類向上速度が最大になることを意味する(霊位上昇は人類の向上を意味する)。

経済 フラクタル
経済理論
貨幣を平等に分配するとき経済発展速度は最大になる。これは貨幣制度を廃止すると世界が最も豊かになることを意味する。

バブルの原因は、将来CF(キャッシュフロー)の現在価値算出ロジックにおける、貨幣のフラクタル構造の見落としである。
貨幣のフラクタル構造を考慮すると、将来CFを価値の源泉とする証券の現在価値は0になる。よって証券制度(株式を含む)は廃止すべきである。

結局、証券を含めた貨幣制度を廃止することが、経済発展を最速にする方法なのである。貨幣制度廃止が、人類が最も豊かになる方法である。これが、人類の金融・経済・社会的差別や不公平を解消する唯一かつ最善・最高の方法なのである。

5次元理論を使用
貨幣制度を廃止すると、仕事の記録方法が問題となる。しかし、5次元理論により全ての行為がその人自身に記録されることが明確になったため、仕事の記録は積徳量で判断可能である。 その結果、貨幣制度廃止をためらう理由は何1つ存在しなくなったのである。

人類救済の基本原理との関連
・全ての人に平等に積徳を行うと人類全体の積徳量が最大になる。これは貨幣制度を廃止した経済状態に一致する。貨幣制度を廃止すると積徳量が最大になるということは、社会発展が最速になることを意味するのである。

従来の科学理論、経済理論の問題点と解決策
  問題点 正しい理論 (輝の会教義)
科学 「世界は素粒子で構成されている」というのが、従来の科学理論。その結果、「自分自身と他者はつながっていない」という考え方が常識となっていた。この考え方では、他者に提供した価値がどこにも保存されないため、貨幣制度により価値を保存する必要があった。 5次元理論では、全ての存在は認識処理結果であり、フラクタル構造によりつながっていると説明。他者に提供した価値は自分自身の内面に記録される(徳の蓄積)。よって、貨幣は不要である。
本来不要である貨幣制度を必須にしている点で、従来の科学理論は人類の金融・経済・社会的差別や不公平の本質的な原因となっているのである。
5次元理論により科学理論を正すことが、金融・経済問題を解決するために必須なのである。
経済 「貨幣保有により経済的価値の保存ができる」という常識。 貨幣保有はオプション権(貨幣を使わない権利)の行使であり、消費の停滞を意味するため、経済発展の阻害要因である。(経済的価値の毀損要因である)
フラクタル経済理論では、「経済的価値は取引の連続性の中に保存される」と説明。経済取引の連続性を最も円滑にする方法は、貨幣保有によるオプション権を廃止することである。
経済理論の誤りを正すことにより、貨幣制度廃止という結論を導くことができるのである。
経済取引は、取引者間の貨幣の流れで成立する。貨幣を保有して使わないでいると、取引によりその貨幣を他者が受取るまでの時間が長くなる。この長引いた時間分だけ、貨幣を受取る人の貨幣を使用する自由が阻害されることになる。他者の経済活動を阻害するため、貨幣を保有すると徳(磁界エネルギー)は減少する。
磁界エネルギーは人の活動エネルギーであり、これが減少すると寿命が縮む。貨幣保有は経済発展の阻害要因であるだけでなく、人類の短命化要因でもある。短命化防止のためにも貨幣制度廃止が必須なのである。
「貨幣制度により貧富の格差ができるのは正しい制度である」という常識。 経済的豊かさを平等にする時、経済発展速度は最大になる貨幣のフラクタル構造(経済取引がフラクタル構造の連鎖で行われること)から理論的に導かれた結論である。よって、貨幣制度により貧富の格差ができることは正しい制度ではない。貧富の格差を無くすためにも貨幣制度は廃止すべきである。
証券制度(株式を含む)が正しいという常識。
将来CF(キャッシュフロー)の現在価値は、現在誰かが保有している貨幣である。既に価値が計上されているため、将来CFの現在価値は0である
従来の金融・経済理論では貨幣のフラクタル構造(回転構造)が見落とされており、将来CFの現在価値が過大に算出されている。その結果、証券制度(株式を含む)が正しいという誤った結論が導かれていたのである。
しかし、将来CFの現在価値は0であり、これを価値の源泉とする証券の価値も0なのである。よって、将来CFを価値の源泉とする証券制度は廃止すべきである。
教義(各論)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
タイトル 掲載日
 宗教・科学・経済統合
人類長寿化は輝の会による霊位上昇の成果 2018.4.28
霊位上昇速度を最大にする方法による高速霊位上昇 2017.6.10
輝の神(輝の会本尊)は仏教・神道・キリスト教の最高指導神 2015.12.18
 創造神の徳提供能力 2015.12.20
 徳提供量はオーラ直径の4乗に比例 2016.1.3
 創造神の段階と指導可能人数 2016.1.6
 初詣の効果 2016.1.16
 輝の会の発展を喜ぶ仏教・神道・キリスト教本尊 2016.1.16
 輝の会と仏教・神道・キリスト教は別宗教 2014.6.6
 仏教・神道・キリスト教信者を支える輝の会 2014.6.7
 輝の会だけが人々を天界に導くことができる宗教 2014.6.8
 天界神霊(守護神霊)のはたらき 2014.6.10
 業想念を放射しないことが天界入りの必要条件 2014.6.11
 輝の会で天界入りが可能な理由 2014.6.11
  本尊が直接霊位上昇を行える宗教は輝の会だけ 2014.6.13
  本尊が創造神の宗教は史上初 2014.6.13
  霊位上昇速度を最大にする方法の発見 2014.6.13
  輝の会教義による正しい理解 2014.6.13
嘘を見抜く方法 2018.6.2
霊言は霊位が低い霊の言葉 2017.2.14
少女像設置により莫大な徳を失う韓国人 2017.1.7
投票依頼は選挙権侵害 2017.9.25
選挙で投票することは積徳行為 2016.7.10
軍事力全廃は人類の基本的権利 2017.9.22
核兵器保有で序列運を失う国々 2017.9.14
戦争と霊位の関係 2016.5.17
アメリカとキューバの国交回復を実現した輝の会 2016.3.20
子育ては莫大な積徳行為 2016.3.13
質問は失徳要因 2016.2.25
日々の業念消去 2016.1.16
輝の会普及は積徳行為 2015.12.25
仕事量の多い人が出世する 2015.9.5
感謝することは積徳行為 2015.9.5
創価学会初代会長・第二代会長を救済した輝の会 2015.7.20
性交渉相手人数と徳の関係 2015.5.2
同性婚は実在しない 2015.3.19
サッカーワールドカップで日本が勝てなかった理由 2014.7.14
 サッカーワールドカップでドイツが優勝した理由 2014.7.16
 サッカーワールドカップで活躍するためには金運が必須 2014.7.16
(人・年)の意味 2014.5.26
全ての人に対する霊位・積徳量サポートを再開 2014.6.24
輝の神の霊位・積徳量サポートをマイナスの人に限定 2014.5.12
人は宇宙と共に生まれ変わる 2014.2.15
人が生まれ変わる理由 2015.11.27
生まれ変わり回数別人数分布図 2016.2.23
生まれ変わり情報を把握できるのは創造神のみ 2016.7.3
曼荼羅以上に価値のある輝の会守護神ページ 2013.12.29
輝の会で初詣 2013.12.29
発見と積徳の連鎖 2014.2.7
発見と積徳の連鎖(滝沢の活動実績) 2014.2.7
実績の真偽は連続性で判断可能 2014.2.9
金運サービスの正当性 2014.2.9
銀行員生活を完遂 2014.2.21
金運サービス 2013.11.25
科学の誤りを証明 2014.1.22
宇宙大の脳は見えない器官 2013.12.24
意識の回転と天とのつながり 2013.11.9
天とつながる方法 2013.11.9
漫画とオーラ 2013.11.3
オーラはどこからでも放射可能 2013.11.4
憲法第9条変更前に軍隊としての自衛隊廃止が必須 2016.3.17
 集団的自衛権導入可否を決定する権限を国民から剥奪した安倍首相 2015.7.22
 安全保障関連法案可決により莫大な徳を失い続ける日本人 2015.7.23
 安全保障関連法案衆議院可決により金運を失い続ける自民党衆議院議員 2015.8.25
 憲法解釈変更(集団的自衛権行使可能)により莫大な徳を失った日本人 2014.7.10
 消費税増税(8%)により莫大な徳を失った日本人 2013.10.19
神霊の徳提供能力 2013.10.11
東京オリンピックを実現した輝の会 2013.9.26
輝の会守護神のはたらきが顕著な理由 2014.11.25
歌舞伎界を支える輝の会 2014.11.25
アップル社を支える輝の会 2014.11.23
パナソニックを復活させた輝の会 2014.5.20
坂井泉水さんの活動状況 2013.6.9
創造神は全ての価値の根源 2013.5.30
 創造神と天界神霊の関係 2013.5.30
 創造神界と天界の違い 2014.12.21
 創造神界入り 2011.12.6
 創造神界に入るための必要条件 2014.12.21
 創造神が万物の価値の源泉 2013.5.30
 人の魅力・価値の源泉は創造神 2013.5.30
 宗教を支える創造神の徳蓄積量 2013.5.30
 国家指導神霊(創造神)と国威 2014.5.21
 創造神の別名 2014.1.29
 宗教の力は創造神の力 2013.5.30
 日本人のオーラは輝の神のオーラ 2013.5.30
 (徳蓄積量別)創造神分布図 2013.5.30
 人の全ての才能は創造神から提供される 2013.6.24
 救済者数0の宗教には指導神霊がいない 2013.5.31
 幸福の科学・創価学会の元信者を大勢救済した輝の会 2013.5.31
 与えられたら返すのが天の基本原理 2013.6.5
 天界に入る必要条件 2013.6.5
 霊位上昇には労働が必須 2013.6.5
 霊位上昇には貨幣制度廃止が必要 2013.6.5
 親の生活を支えるのは子供の当然の義務 2013.6.5
 ディズニーランドの魅力の源泉は創造神のオーラ 2013.6.10
 音楽と創造神の関係 2013.6.13
 大ヒット曲の魅力を支える輝の神 2013.6.14
 「オーラ」は楽曲の構成要素 2013.6.16
 台風消去概論 2013.6.19
 台風3号の完全消去に成功 2013.6.19
 台風3号4号の連続完全消去に成功 2013.6.21
 海水温度差は台風勢力衰退理由ではない 2013.6.19
 天候の調和を実現する方法 2013.6.19
 輝の会は台風の完全消去が可能な唯一の宗教 2013.6.19
 長寿サービスは莫大な徳の提供サービス 2013.7.12
 長寿サービスは生命提供サービス 2013.7.12
内閣を支える天皇家 2013.5.23
内閣を支える輝の会 2013.5.23
アベノミクスの骨子は「マイナス金利の導入」のコピー 2015.2.17
莫大な積徳を実現した「マイナス金利の導入」 2015.2.17
官房長官時代の安倍氏に 「マイナス金利の導入」 を送付 2015.2.21
「マイナス金利の導入」のコピーにより徳を失い続ける自民党国会議員 2015.2.21
第3次安倍第2次改造内閣大臣の序列運 2016.8.10
アベノミクスは(実質)マイナス金利政策 2013.4.23
アベノミクスは証券バブル拡大政策 2013.4.23
アベノミクスは財政赤字拡大政策 2013.4.23
戦争原因となる念力を除去する輝の会 2017.5.5
 念力発信源の人々を救済する輝の会 2017.5.5
 完全調和の実現 2017.5.5
韓国と北朝鮮の軍事衝突を回避させた輝の会 2015.8.26
 業念消去による北朝鮮のミサイル発射阻止 2013.5.26
 1990年代に急拡大した危険な宗教の実態 2013.3.14
 この宗教を支配する業念による人類破壊の歴史 2013.3.14
 業念による社会の破壊を防止する輝の神 2013.3.14
就業可能日数の発見と創造 2013.3.13
. 徳は磁気単極子(単磁荷)エネルギー 2013.3.12
 プラス霊位は単S極 2013.3.12
 磁力線と磁気単極子の流れは逆方向 2013.3.12
 霊位の高い人が世界を支える 2013.3.12
 積徳原理 2013.3.12
意識のあり方と磁気単極子エネルギーの性質 2013.3.20
   一体化意識の継続による積徳 2013.3.20
   意識の調和の重要性 2013.3.20
  現役人類による莫大な不調和想念(単N極エネルギー) 2013.3.20
 徳(単S極エネルギー)の無断使用 2013.3.20
   想念浄化の重要性 2013.3.20
紅白歌合戦を支える輝の会守護神 2013.2.9
天皇陛下を救済した輝の会の長寿サービス 2013.2.5
宮迫博之さん 〜胃がんからの完全復活 2013.2.1
神霊能力は高度な能力(徳消費の対価) 2013.2.3
神霊能力者には高い霊位が必要 2013.2.3
霊位と神霊能力の関係 2013.2.3
霊位向上による人類の能力向上 2013.2.3
人類の能力向上のために貨幣制度は廃止すべき 2013.2.3
徳(磁界エネルギー)のはたらき 2012.12.13
徳の供給源の種類とはたらき 2012.12.13
徳は存在の原型 2012.12.13
宗教的活動は遠隔で行うのが当然 2012.12.15
フラクタル経済理論 第2巻 2012.11.27
国政政党のルールを決めるのは国会議員 2017.10.4
政権選択選挙には2大政党制が必須 2012.11.18
軍事力による平和維持は不可能 2012.11.17
増幅した不調和想念エネルギーによる病気の発生 2012.11.17
地震・台風の原因は増幅した想念エネルギー 2012.11.17
因果律の発生原理 2012.11.17
想念エネルギーの増幅原理 2012.11.17
磁界エネルギー治療 2012.4.24
積徳による開運 2006.10.28
先祖供養のご案内 2006.11.9
野田首相への提言 「原子力発電全廃は必須」 2012.9.17
霊位・積徳量速報 2012.7.9
国家別積徳量一覧 2012.9.7
企業別積徳量一覧 2012.9.4
シャープの経営難は積徳量不足が原因 2012.9.3
日本人の積徳量が極端に少ない理由 2012.9.2
輝の会による日本の安定 2012.9.2
積徳(開運)によるロンドンオリンピックのメダル獲得 2012.8.28
韓国人救済による日韓関係改善 2012.8.25
領土・領海は実在しない 2012.8.25
領土問題の完全な解決方法 2012.8.25
因果律 2012.5.11
時間はエネルギー 2012.5.11
質量の源泉は時間エネルギー 2012.5.11
全ての固定点は空間の縮小結果 2012.5.11
原子核は電子より未来 2012.5.12
電子が原子核に落ちない理由は時間エネルギー 2012.5.12
全てのエネルギーは時間で定義可能 2012.5.12
時間エネルギーによる宇宙の生成原理 2012.5.12
輝の会の活動実績 2012.4.4
天皇家による日本の繁栄 2012.3.28
  輝の会の特徴 − 2 2012.3.24
  史上最高位の宗教 2012.3.24
  創造神は天界神霊1兆人に1人 2012.3.24
  地球人類 2012.3.24
  霊位上昇による理解の高度化 2012.3.24
  人類史上最も理解度・完成度の高い宗教 2012.3.24
  日本人のオーラは輝の会のオーラ 2012.3.24
      「オーラの泉」 を陰で支えた輝の会 2012.3.24
輝の会の特徴 2012.3.24
輝の会守護神 2012.3.21
貨幣制度廃止のメリット 2012.3.11
フラクタル 2012.3.9
開運と磁界エネルギー発生装置の関係 2012.4.3
磁界エネルギー(オーラ)発生装置の効果 2011.12.21
磁界エネルギー(オーラ)発生装置 2011.12.21
磁界エネルギー(オーラ)発生装置の構成例 2011.12.21
磁界エネルギー生成方法 2011.12.20
積徳量と指導神霊の関係 2012.6.20
人気による徳の消費 2012.6.20
音楽と霊位の関係 2012.5.31
積徳量 2015.1.21
 頭頂部に蓄積される徳 2015.1.21
 積徳量を見る方法を変更 2015.1.21
 チャクラは対称形 2015.1.21
 頭頂部と眉間の徳の違いは時間差 2015.1.21
 頭頂部と眉間の徳は多重らせんの関係 2015.1.28
 多重らせんの回転数比 2015.1.28
 積徳量・業念の正確な把握を実現 2015.1.28
 ディズニーランドの魅力は空間全てを覆うオーラ 2015.1.28
 生命エネルギーと頭頂部の徳の関係 2015.1.21
 将来イメージ構成期間の意味 2015.1.21
 積徳量分布図(世界全体) 2015.1.21
 業念分布図(世界全体) 2015.1.21
霊位分布図(世界全体) 2012.2.5
長寿サービス 2013.2.6
開運と生命エネルギーの関係 2011.12.20
輝の会会員への延命・長寿サービス開始 2011.12.20
延命・長寿サービスについて 2011.12.20
生命エネルギーの発見 2011.12.20
年齢と生命エネルギー供給量の関係 2011.12.20
生命エネルギー追加供給による延命・長寿 2011.12.20
延命・長寿サービスが輝の会会員限定サービスである理由 2012.4.29
 宗 教
人類救済宣言 2014.6.27
  ノストラダムスの大予言 2012.6.16
  イエスキリスト再臨 2012.6.16
  千年王国は寿命千年 2012.6.16
  輝の会とヨガの関係 2012.6.4
  輝の会とキリスト教の関係 2011.9.13
  輝の会と仏教の関係 2011.9.9
  輝の会と密教の関係 2011.9.7
  輝の会と生命の樹(ユダヤ教)の関係 2012.6.12
    生命の樹 2012.6.12
    ピラミッド形と生命の樹は同形構造 2012.6.12
    生命の樹は磁界エネルギー生成構造 2012.6.12
  輝の会とユダヤ教の関係 2011.9.6
  輝の会と道教の関係 2011.9.4
台風の消去 2011.8.31
首相の在任期間が短い理由は積徳量不足 2011.8.29
釈迦の生まれかわりの人物は存在しない 2011.10.4
釈迦は輝の会の守護神 ・ 釈迦の喜び 2011.2.12
オーラを増幅させる方法 ・ エネルギー問題の解決 ・
オーラは浮力
2010.3.25
全世界の1年間の労働価値でも自殺者救済は不可能 2014.5.28
業念の量は将来把握期間で変化する 2014.5.22
自殺は殺人と同等の失徳行為 2013.6.7
死刑執行は莫大な失徳行為 2013.5.24
死刑廃止 2011.11.1
軍事力全廃 (5次元理論による結論) 2010.3.12
自衛隊廃止 〜警察との融合 2009.8.9
霊位上昇速度を最大にする方法の理論的根拠 2008.12.16
人類浄化の重要性 2008.11.20
完全調和の実現 2008.11.20
積徳量・霊位を見る方法 2008.11.18
霊位を見る方法 2008.11.17
意識の多重階層構造 2008.11.17
内面意識は内面世界の宇宙 2008.10.21
オーラを見る方法 2008.10.19
霊位上昇 〜全人類菩薩界突入 2008.9.4
輝の会の重要性 2008.6.27
人類救済の基本原理 2008.6.27
人類救済の基本原理 (PDF) 2008.11.4
創造神界と磁界エネルギー 2011.12.6
霊位分布図 ・ 神霊の霊位図 ・ 輝の会のはたらき 2011.9.19
霊位について 2008.6.27
表面意識と内面意識 2008.6.27
徳光の作り方 2006.11.13
釈迦を超えた日 2001.9 出版
 科 学
5次元理論 第4巻 宇宙の創造原理 (目次) 2011.9.15
5次元理論 第4巻 宇宙の創造原理 (電子書籍) 2011.11.23
5次元理論 第3巻 認識の原理 (目次) 2009.9.25
5次元理論 第3巻 認識の原理 (電子書籍) 2009.10.9
5次元理論 〜その2 (目次) 2006.11.23
5次元理論 〜その2 (PDF) 2006.12.30
5次元理論 2003.2 出版
 経 済
フラクタル経済理論 第1巻 (目次) 2009.8.14
フラクタル経済理論 第1巻 (電子書籍) 2009.8.14
外国為替理論の再構築 (目次) 2007.5.27
貨幣へのオプション概念の導入 2007.2.17
マイナス金利の導入  2003.6 著述

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.