フラクタル経済理論 (目次)
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
                                           --> English
 目 次
(掲載日)
「フラクタル経済理論について」 2009.8.14
   第1章 金融・経済制度の問題点と解決策
静的価値と動的価値 2008.10.23
企業の経済的価値は他者保有貨幣として計上済 2008.10.24
株は貨幣価値の2重計上(詳細説明) 2008.10.24
自社保有貨幣は他社の経済的価値 2008.10.25
株は企業の借入とするべき 2008.10.25
貨幣はフラクタル構造 2008.10.26
静的価値と動的価値のフラクタル構造 2008.10.26
証券は貨幣価値の多重計上 2008.10.27
証券化廃止による金融不安の解消 2008.11.1
   第2章 本来あるべき経済制度
金利廃止による期間メリットの導入 2008.11.1
経済的価値は取引の連続性として保存される 2008.11.1
貨幣残高0が最も豊かな経済状態である 2008.11.1
過剰貨幣による経済混乱 2008.11.1
金融・経済の新制度 2008.11.1
   第3章 フラクタル経済理論
貨幣価値の多重計上による貨幣総額増加率の算出 2009.1.7
他企業の倒産確率を考慮した証券価値の算出 2009.1.8
時価会計廃止 2009.1.8
企業価値のフラクタル構造 2009.8.14
動的貨幣と静的貨幣 2009.8.14
フラクタルによる動的貨幣総額算出 2009.8.14
フラクタル経済理論の特徴 2009.8.14
Y(t)算出シミュレーション 2009.8.14
国債発行は増税と同義 2009.8.14
   第4章 フラクタル経済理論による重要な法則
貨幣を平等に分配するとき経済発展速度は最大になる 2009.8.14
貨幣を使わないと経済発展速度は遅くなる 2009.8.14
フラクタル周期Tの算出 2009.8.14
e−フラクタルに関する考察 2009.8.14
   第5章 経済制度の更なる発展
積徳概念の経済制度への導入 2008.11.1
過去の著作と本文の関連 2009.8.14
輝の会について 2009.8.18

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.