輝の神(輝の会本尊)は仏教・神道・キリスト教の最高指導神
輝の会は新型コロナウイルス問題を解決しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
神社・仏閣・教会のオーラは輝の神の喜びオーラ

 輝の神(輝の会本尊)は、仏教・神道・キリスト教を支えています。
 (輝の神(輝の会本尊)は仏教・神道・キリスト教の最高指導神 ご参照)

 その結果、神社や仏閣、教会には輝の神のオーラが流れています。

 輝の神が創造神界に入ったのは2011年です。
 それ以前は仏教・神道・キリスト教を支えていません。

 ですから、2011年以前の神社や仏閣、教会には輝の神のオーラは流れていません。

 2011年以前の神社や仏閣の写真を見ると、流れているオーラは創造神界1段目の創造神のオーラであることがわかります。
 (神社や仏閣を支えている創造神のオーラです。
  神社と仏閣で別の創造神(a,bとします)がオーラを流しています。)

 創造神界1段目の創造神は喜びオーラを流せないため、2011年以前の神社・仏閣には普通のオーラが流れています。

 現在は輝の神(創造神界8段目)が喜びオーラを神社・仏閣に流しているので、神社や仏閣のオーラが強くなっています。
 より明るく楽しい雰囲気になっているのです。
 ((a,b)の創造神のオーラも流れています。)

 この神社・仏閣の雰囲気の違いが、輝の神が神社・仏閣の最高指導神として働いている事実の証拠になります。

 カトリックの総本山であるサン・ピエトロ大聖堂の写真(2011年以前)を見ると、創造神界3段目の創造神(cとします)の喜びオーラが流れています。
 現在は輝の神(創造神界8段目)が喜びオーラを流しています。
 (cの創造神の喜びオーラも流れています。)
 その結果、現在のサン・ピエトロ大聖堂は2011年以前よりも明るく、楽しい雰囲気を放っています。
 この雰囲気の違いが、輝の神がキリスト教の最高指導神として働いている事実の証拠になります。

 尚、オーラを見る方法を使えば、オーラを確認することが可能です。

 輝の神が仏教、神道、キリスト教の最高指導神として働いている事実を、ご理解頂きたいと思います。

(2020.1.2 午後4時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.