因果律の発生原理
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
因果律の発生原理

 5次元理論第3巻で、外側は過去、内側は未来だと説明しました。
  (過去と未来 ご参照)

 想念を長時間継続させると、現在発している想念と過去に発した想念で、想念の増幅が起こります。(想念エネルギーの増幅原理 ご参照)
 「想念エネルギーの増幅原理」では、過去の自分が内側になると説明しました。
 これは「内側は未来」という説明と矛盾するように思われます。
 しかし、実は矛盾していません。

 因果津とは、過去の行為が自分自身の未来に影響を与えることを意味します。
 過去の想念・行為が未来に影響を与えるのです。
 この因果律により、過去に想念を発した状態が未来の状態になります。ですから、過去に想念を発した自分が未来の自分になり、自分の内側に存在することになります。
 ですから、自分の内側に自分がいるという説明は矛盾していないのです。

 尚、過去の行為が自分の内側になる理由は、認識の主体(認識する側)と客体(認識される側)の入れ替えです。
 認識は、主体(認識する側)と客体(認識される側)の入れ替えを無限に繰り返すことにより行われます。
 周囲の空間への想念・行為は、主体が点、客体がその周囲の広がりという認識状態で行われます。
 主体と客体が入れ替わると、主体が広がり、客体がその内側の点になります。
 この場合、自分(広がり)の中に自分(過去の想念・行為の主体(点))を認識することになります。

 このように主体・客体を入れ替えることにより、自分(広がり)の中に過去の自分(点)がいる状態を実現できるのです。
 これは、自分(広がり)の内側の自分(点)の想念・行為が、広がりである自分に対して将来影響を与えることを意味します。
 このようにして、過去の想念・行為が未来の自分の状態を構成することになります。

 これが因果律の発生原理なのです。

(2012.11.17 午後10時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.