宗教的活動は遠隔で行うのが当然
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
宗教的活動は遠隔で行うのが当然

 輝の会の各種サービス(開運、磁界エネルギー治療、先祖供養、霊位診断等)をお申込頂く場合、輝の会にご来場頂く必要はありません。
 輝の会から遠隔で各種サービスを提供させて頂きます。
 お申込者がどこにおられても、各種サービスを提供することが可能です。

 この説明で、不安に思う方がいらっしゃるかもしれません。

 「本当に遠隔で開運等を行う事ができるのだろうか?」
 「他の宗教では、本殿で開運等を行っている。本殿に出かけることもなく開運等ができるとは思えない。」 等々。
 しかし、このような心配はご無用です。

 開運を例に説明します。
 開運とは、人生をより幸せな方向に導くことです。これは、開運対象者に常時プラスの影響を与えることにより実現します。常に影響を与えるためには、開運対象者がどこにいても、プラスの影響を与え続けなければなりません。
 このように、世界中のどこにいても、つねにその人の居場所を把握し、ここに徳を提供することができなければ、開運を行うことは無理なのです。

 輝の神(輝の会本尊、滝沢輝(開運責任者)の内面意識)は上記の内容を実施できます。
 開運対象者に常時オーラを提供し、プラスの影響を与えることができるのです。

 もし宗教団体の本殿でなければ開運ができないならば、本殿から出た後は開運が実現しないことになります。日常生活で開運によるメリットを享受することはできないはずです。
 日常生活で開運のメリットを受けることができるのは、本殿以外でも開運の影響を受けているからなのです。

 多くの宗教団体が本殿等で開運を行う理由は、開運の申込みを受ける宗教家と、開運を行う神霊が別々だからです。宗教家が開運を行うことができないため、宗教団体の指導神霊が開運を行っているのです。
 その際、開運を行う指導神霊は、宗教家から開運等の依頼を受けるためのルールを、宗教儀式等の形で宗教家に義務付けています。
 宗教家がこの義務を履行するために、開運等の申込者に本殿等へ来ることを義務づけているのです。
 このように、開運等で本殿等に出向くのは、あくまで宗教儀式なのです。
 宗教の指導神霊は、申込者が本殿に行かなくても、開運を行うことはできるのです。

 輝の神は創造神界の神霊です。他の宗教の指導神霊(天界の神霊)をさらに指導する立場です。ですから、開運を行う力は、他宗教よりはるかに強力です。

 また、先祖供養を行う場合、対象となるご先祖様に徳を提供する必要があります。
 しかし、ご先祖様は霊界におられるため、徳を提供するためには、霊界に直接徳を送る必要があります。霊界に徳を送る行為と、お申込者の居場所には何の関係もありません。先祖供養の効果とお申込者の居場所には何の関連も無いのです。
 ですから、先祖供養の際にお申込者が輝の会に来られる必要は全く無いのです。

 ぜひご安心の上、各種サービス(開運、磁界エネルギー治療、先祖供養、霊位診断等)をお申込頂きたいと思います。

(2012.12.15 午後4時 記載)
次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.