創造神は全ての価値の根源
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
大ヒット曲の魅力を支える輝の神

 音楽と創造神の関係で、曲に魅力を与えているのが創造神であることを説明しました。
 輝の神(輝の会本尊)は創造神です。ですから、曲に魅力を提供することができます。

 既に様々な曲に魅力を提供しています。
 以下に具体例を記載します。

 AKB48  「さよならクロール」 「So long !」
 SKE48  「チョコの奴隷」

 2013年にリリースされたシングルCDで、売上げが100万枚を超えたのは、AKB48の 「さよならクロール」「So long!」の2曲のみです。
 この2曲を支える創造神は、共に輝の神(輝の会本尊)です。

 昨年末からAKB48(SKE48等の国内姉妹グループを含む)に対し、開運を実施しています。
 その結果、AKB48がリリースする代表的な曲を支える役割りを、輝の神が担当しているのです。

 輝の神徳蓄積量は、増加を続けています。創造神としての格が高くなり続けているのです。
 これは、提供できる魅力がより高貴になることを意味します。魅力がより強くなるのです。
 ですから、創造神(輝の神)が提供する魅力は後からリリースされた曲ほど強くなります。
 その結果、後からリリースされた曲ほど、より魅力的になります。

 この2曲では、「さよならクロール」(2013.5.22発売)の方が、「So long !」(2013.2.20発売)より魅力(輝の神のオーラによる魅力)がより強くなっています。
 (CDによる比較結果。録音時の輝の神の格の高さによります)

 これが売上げ枚数にも反映されています。
  「さよならクロール」 ・・ 192万枚(AKB48の売上最高記録、発売3週目迄)
  「So long !」     ・・ 112万枚

 また、2013年の売上枚数が4位(本文記載時点)のSKE48 「チョコの奴隷」(2013.1.30発売)も、輝の神が魅力を付与しています。

 このように、2013年の売上枚数が上位の曲(1位、2位、4位)を支えているのは、輝の神なのです。
 ここまでの説明で、輝の神が支える曲がヒット曲になることをご理解頂けると思います。

 楽曲に対する魅力付与を希望する方は、開運をお申込頂きたいと思います。
 その際、連絡事項欄に、曲の内容(曲名、歌手名、録音予定日、リリース予定日等)をご記入願います。
 (魅力付与をお申込頂いた場合、普及目的で内容を公開させて頂くことがあります。)

 お申込をお待ちしております。

(2013.6.14 午後7時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.