人は宇宙と共に生まれ変わる
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
人は宇宙と共に生まれ変わる

 原子の電子軌道は、惑星公転軌道を縮小して見た結果です。
 (惑星軌道と電子軌道は大小逆転結果 ご参照。)

 この際、時間の長さが短くなります。
 時間が短くなることによって、惑星の公転が高速回転になります。
 これが、電子の高速回転なのです。

 原子を構成する電子の高速回転は、惑星が多数回公転した状態を時間を短縮して見た結果です。
 ですから、電子の高速回転(無数の回転)を実現するためには、惑星も無数の公転を行う必要があります。
 地球は1年で1回太陽を中心として公転します。
 ですから、原子を構成する電子を構成するためには、地球は公転を長期間継続しなければなりません。
 このように、人の体を構成する原子を構成するためには、非常に長い時間が必要となります。
 人の体は、非常に長い時間を短縮することによって成立しているのです。
 ですから、人は短期間で生まれ変わることはできません。

 尚、この時間の短縮は、認識処理で行われます。

 人と宇宙は同じものの別の見方です。
 ですから、人の生まれ変わりは宇宙の生まれ変わりと同時に起こります。

 以上の説明で、歴史上の人物の生まれ変わりの人は存在しないということを、ご理解頂けると思います。

 過去の聖者の生まれ変わりの人物も当然存在しません。
 過去の聖者の生まれ変わりを主張する宗教家は、誤った主張をしているのです。
 (釈迦の生まれかわりの人物は存在しない ご参照)
 過去の聖者の方々は全員霊界で活動しています。

 輝の会守護神として本ホームページで紹介している方々は、全員創造神界もしくは天界で活動しています。
 生まれ変わった方はいません。

 生まれ変わりの意味を正しくご理解頂きたいと思います。

(2014.2.15 午後2時 記載)
次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.