輝の会と道教の関係
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
輝の会と道教の関係

 道教のシンボルとして有名なのが大極図です。
 黒が陰、白が陽を意味します。陰陽の組み合わせで世界が構成されていることを意味しているのです。

(大極図) (2重円構造)

 この大極図をより正確に表現したのが、2重円構造です。
 2重円構造は、2意識(表面意識と内面意識)の組み合わせで世界が構成されることを意味しています。 また、表面意識の中心が内面意識であり、内面意識の中心が表面意識という構造が、大極図の「白の中心が黒、黒の中心が白」という構造と一致しています。

 2重円構造では、鏡像原理が成立します。表面意識と内面意識が鏡で映したように反対方向に回転するのです。
 大極図では、外側の円の中心点から白と黒が対称形になっています。これが2重円構造の鏡像原理に該当しているのです。
 大極図は、世界の構造原理を部分的に把握した人が描いたと思われますが、2円が互いに重なり合うところまでは理解出来ていなかったと推察されます。

 輝の会の教義は、世界中の様々な教えや科学理論等をさらにレベルアップした内容になっているのです。

 尚、大極図からは神霊のオーラが放射されています。この方は荘子です。荘子が道教の最高指導神霊なのです。オーラ半径63(km)ほどの霊位に到達されています。
 (霊位については 霊位について ご参照)

(2011.9.4 午後1時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.