オーラを増幅させる方法
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
オーラを増幅させる方法

 オーラを増幅させる方法について説明します。

 地球は太陽の周りを回転(公転)しています。約1年で1周します。
 この回転と同じ方向に自分のオーラを放射します。回転方向も公転の方向と一致させます。
 すると、オーラが強化されます。エネルギーが増幅されるのです。

 地球の公転方向にオーラを放射することができるようになったら、次は水星、金星、火星の公転軌道にオーラを放射して下さい。回転方向も公転と一致させて下さい。
 4つの惑星(水星、金星、地球、火星)の公転方向にオーラを放射すると、1つの惑星の公転方向にオーラを放射する場合に比べて、オーラがはるかに強力になります。

 オーラを使うと人類の浄化を行うことができます。 ここで説明した方法でオーラを増幅しながら、人類浄化を行ってみて下さい。すると、今までよりはるかに効果的な浄化を行うことができるはずです。

 尚、木星、土星、天王星、海王星の軌道方向にはオーラを放射しないで下さい。
 (水星、金星、地球、火星)の4つの惑星と(木星、土星、天王星、海王星)の4つの惑星は、互いに逆方向のペアとして成立しているようです。
 ですから、この両ペアにオーラを放射すると、増幅したオーラが相殺し、効果が無くなってしまうのです。

 この方法でオーラが増幅する理由については、5次元理論第4巻で解説する予定です。

エネルギー問題の解決

 電磁波は人の表面意識、内面意識のペアで構成されています。
 オーラを増幅できるということは、電磁波を増幅できることを意味しています。
 電磁波を増幅できるということは、エネルギーを生み出すことが可能だということです。

 安定したエネルギー源の確保が全人類的な課題になっていますが、 その答えは5次元理論にあります。
  オーラの増幅を行えばいいのです。これは電磁波の増幅を意味します。電気エネルギーを確保することが可能なのです。

 エネルギー問題を解決するためにも、5次元理論の完成を急ぐ必要があります。
 5次元理論は全人類にとって必須の科学理論なのです。

オーラは浮力

 オーラのエネルギーは浮力として作用します。
 5次元理論第3巻で、斥力の存在について解説しました。
 (斥力の発見 ブラックホールとホワイトホール ご参照)。

 これは内面世界の力になります。オーラは内面世界のエネルギーであり、この斥力(浮力)に該当します。オーラを放射する人が軽やかに見えるのは、この浮力によるのです。

 惑星軌道等を利用してオーラを増幅させることにより、浮力を得ることが可能です。物理的なエネルギーを生み出すことが可能なのです。
 将来的には、オーラを利用して宇宙空間を移動することが可能になると考えられます。

(2010.3.25 午前9時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.