サッカーワールドカップで活躍するためには金運が必須
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
サッカーワールドカップで活躍するためには金運が必須
名 前 チーム 得点 金運
(億円)
サッカーの才能
万(人・年
ハメス・ロドリゲス コロンビア 47 448
トーマス・ミューラー ドイツ 37 445
ネイマール ブラジル 35 453
リオネル・メッシ アルゼンチン 42 457
ロビン・ファン・ペルシー オランダ 33 447
 ワールドカップで4得点以上の選手の名前と金運を表に記載しました。

 全員30億円以上の金運があります。
 得点王のハメス・ロドリゲス選手(コロンビア)の金運は47億円でした。

 この表から分かることは、ワールドカップで活躍するためには金運が必要だということです。
 ワールドカップで活躍した選手は、選手としての価値が高くなります。
 その結果、チームとの契約やCM出演等により、金銭的に恵まれることになります。

 ワールドカップの活躍は、金運の実現過程なのです。
 ですから、金運のある選手ほど活躍できることになります。

 日本の選手は金運が極めて少ない状態でした。
 本田選手の金運はマイナスだったので、初戦の直前に滝沢(輝の会会長)が金運を提供しました。
 これが無ければ、初戦の得点は無かったかもしれません。

 香川選手も期待されていましたが、金運は不十分でした。
 2013−2014年のシーズンにおいて、所属するマンチェスターUで出場機会が減少した理由は、金運が無かったためです。
 2013年のシーズン当初には金運が無くなっていました。
 才能等を提供(香川真司さん 〜ハットトリック達成 ご参照) した関係で、ある程度滝沢(輝の会会長)金運を提供したため、多少活躍できましたが、ドルトムント時代よりも金運が少ない状態になっていたのです。
 これが、マンチェスターUやワールドカップで十分な活躍が出来なかった主な理由です。

 日本代表選手には、ぜひ金運を増やす努力をして頂きたいと思います。

(2014.7.16 午後4時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.