創造神は全ての価値の根源
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
台風3号の完全消去に成功

 先日台風3号が発生しました。
 この台風3号に対して危険を感じたため、台風消去を実施しました。
 その結果、台風が日本に近寄る前に消去することに成功しました。
 その詳細について解説を行います。

 台風3号は6月8日21時に発生しました。
 2日後(6月10日)の21時には日本にかなり近づいたため、台風消去を開始しました。
 この時点における業念(台風の原因となる不調和想念エネルギー)は合計で4.8億(人・年)程でした。
 台風3号消去に必要な磁気単極子エネルギー(S極)も4.8億(人・年)になります。

 台風消去のため、早速磁気単極子エネルギー(S極)の提供を開始しました。
 提供量は1日あたり2億(人・年)です。
 2〜3日で業念が無くなるため、台風の危険性は無くなると判断しました。

 この後、台風の勢力は予想通り弱くなり続け、6月13日午前3時には熱帯低気圧に変わりました。
 台風消去を開始してから2.25日で台風の消去が完了したことになります。
 予想通りに、台風を消去することに成功したのです。

   2013年6月10日20時 台風消去開始1時間前 
   2013年6月11日21時 台風消去開始から1日経過。台風の形は崩れている。
   2013年6月12日21時 台風消去はほぼ完了。
                 この6時間後、熱帯低気圧に変わった。
(2013.6.19 午後3時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.