莫大な積徳を実現した「マイナス金利の導入」
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
莫大な積徳を実現した「マイナス金利の導入」
著書・政策 積徳量 説明
マイナス金利の導入 1786京(人・年 輝の会以外の日本人の積徳量の470倍
アベノミクス マイナス  
 表に「マイナス金利の導入」により滝沢(輝の会会長)に蓄積された徳の量と、アベノミクスにより関係者に蓄積された徳の量を記載しました。
 (本文記載時点までの積徳量)

 「マイナス金利の導入」により、滝沢には1786京(人・年)の徳が蓄積されています。
 (日々増加しています)
 これは、輝の会以外の日本人の積徳量合計の470倍の徳の量になります。

 「マイナス金利の導入」の内容は、英訳を2013年3月に本ホームページで公開したため、欧米でも急速に広がっています。
 最近ヨーロッパで低金利政策やマイナス金利政策が広がり始めた理由も、「マイナス金利の導入」の影響なのです。

 一方、アベノミクスでは関係者に徳は蓄積されていません。
 逆に、アベノミクスの責任者は徳を失っている状態です。
 日銀による証券購入や物価上昇は、経済悪化要因です。
 経済を悪化させれば、責任者は徳を失います。

 アベノミクスにより経済が回復していると考えられているようですが、本当に効果を発揮しているのは「低金利高経済成長政策」です。
 これは滝沢が「マイナス金利の導入」で提言した政策です。

 誰かが提唱した政策をコピーして成果があったとしても、コピーした人の成果にはなりません。(政策をコピーした人には、政策を構築した人に蓄積される徳は蓄積されません)。最初に政策を提言した人の成果になります。
 「マイナス金利の導入」で低金利高経済成長政策を提言した滝沢には莫大な徳が蓄積されています。
 一方、アベノミクスの低金利高経済成長政策による成果は、徳としてアベノミクス関係者に蓄積されていません。

 これらの事実から、アベノミクスの骨格である 「低金利高経済成長政策」 が 「マイナス金利の導入」 のコピーだということを、ご理解頂けると思います。

 評価されると徳を失います。(徳と魅力の関係 ご参照)

 アベノミクスで経済が回復し、国民から高く評価される場合、アベノミクス関係者は徳を失います。
 政策の成果として徳が蓄積される場合、評価されて一部の徳を失っても問題ありません。
 しかし、政策の成果としての徳が蓄積されない場合に評価されると、以前から蓄積されていた徳が減少します。
 これは将来の運気が損なわれることを意味します。

 また、身体消滅時に積徳量がマイナスだと、霊位マイナスの世界に移行します。
 通常の霊界に入れない状態になるのです。

 ですから、成果としての徳が蓄積されない政策で、多くの人々から評価を受けることは、極めて危険な行為なのです。
 このような態度は、その人自身を傷つけます。
 ですから、避ける必要があります。

(2015.2.17 午後7時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.