シャープの経営難は積徳量不足が原因
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
シャープの経営難は積徳量不足が原因

 シャープの経営難に関する報道が、頻繁に行われています。
 シャープの積徳量はマイナス126万(人・年)です。(2012.9.3時点)

 徳は形に表れて、消えるのが原則です。
 プラスの徳は、喜び(各種の成功、成果、物の受領等)として消えます。
 マイナスの徳は、苦しみ(失敗、喪失、苦痛等)として消えます。

 企業活動において何らかの理由で徳を失うと、やがて企業環境にそれが表れます。
 シャープの場合、経営難という形でマイナスの積徳量が表れているのです。

 このように、徳を失うと企業経営は苦しくなるのが一般的です。
 企業経営を安定させるためにも、積徳を常に心がける必要があります。

 シャープが状況を改善する最善の方法は、積徳を行うことです。
 積徳量がプラスになれば、経営状況を改善するための環境が自然に表れることになります。その結果、経営が改善されるのです。

 輝の会では積徳による開運を受付ています。
 この開運により、経営状況を改善することも可能です。

 また、輝の会は2012年1月〜3月の3ヶ月だけで、4866万(人・年)の徳を全世界の人々に提供しました。(輝の会の活動実績 ご参照)
 この徳により、多くの企業の経営状況が改善しています。もちろん個人の活動状況も大幅に改善しています。
 このように、輝の会は皆様を豊かにする活動をいつも行っているのです。

(2012.9.3 午前10時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.