業念の量は将来把握期間で変化する
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義 > 宗教
業念の量は将来把握期間で変化する

 「1人の死刑執行を行うと、146万(人・年)の徳を失います。」
 と説明しました。
 また、自殺でも146万(人・年)の徳を失うと記載しました。
 これは、死刑や自殺により、責任のある人に146万(人・年)の業念(不調和想念)が蓄積されることを意味します。

 業念を把握する能力の高さは、神霊が把握できる将来の期間(将来把握期間)に依存します。
 将来把握期間が長いほど、より多くの業念を把握できるようになります。
 (霊位と把握できる未来の関係 消去対象業念の把握方法
  消去対象業念の量は把握期間に依存 ご参照)

 滝沢(輝の会会長)が死刑や自殺により蓄積される業念の量を現時点で確認すると、48億(人・年)になります。
 業念の量が146万(人・年)に比べて3300倍程に増えたことになります。

 尚、現在の将来把握期間は137年です。
 一方、146万(人・年)だと確認した時点における将来把握期間は18年でした。

 このように、将来把握期間で業念の量が変化することをご理解頂きたいと思います。

(2014.5.22 午後8時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.