漫 画 と オーラ
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
漫画とオーラ

 漫画のキャラクターには神霊のオーラが流れています。
 例えば、名探偵コナンのコナン君には、天界28段目の神霊のオーラが放射されています。(週刊少年サンデー44号(2013年))
 このオーラは、「オーラを見る方法」で確認することができます。

 このオーラがあるため、アニメのキャラクターが絵であるにもかかわらず、生きている人を見ているのと同様の感覚で眺めることができるのです。
 (人には守護神霊や当人のオーラが流れています)

 アニメが人を惹きつける理由は、キャラクターから神霊のオーラが流れているためなのです。
 アニメのキャラクターからオーラが流れているということは、アニメ制作を神霊がサポートしていることを意味します。

 また、キャラクターによってオーラが異なります。
 異なるキャラクターには別の神霊がサポートしているためです。

 また、アニメ全体を支える神霊も存在します。
 1京(人・年)を超える徳蓄積量の創造神が支える漫画もあります。

 このように、アニメ制作を支えているのは、天界以上の神霊の方々なのです。
 あらゆる文化の原型は、創造神界及び天界)から提供されています。
 私たちは、この原型を形にするために働いているのです。

 実在する仕事(原型が天に存在する仕事)は、神霊と私たち(地上で働く人々)の共同作業として成立しています。
 アニメの制作も、天とアニメ制作者の共同作業として成立しているのです。

(2013.11.3 午後5時 記載)
次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.