選挙で投票することは積徳行為
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義

選挙で投票することは積徳行為

 2016年7月10日の参議院議員選挙で投票する有権者には、6263(人・年)の徳が蓄積されます。

 これは1年間の労働価値の100分の1に近い徳の量です。
 ((人・年)の意味)ご参照。

 このように、選挙で投票することは、1日分の労働価値を超えるほど価値がある行為です。

 選挙は棄権せずに投票すべきです。

 これが天意なのです。

(2016.7.10 午後4時 記載)


Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.