積 徳 量
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義 > 積徳量
多重らせんの回転数比

 電子軌道、人、太陽系の大きさは、等比関係にあります。
 この比は10の10〜13乗と説明しました。
 (惑星軌道と電子軌道は大小逆転結果 ご参照)

 これは、多重らせんの回転数の比を意味します。
 10の10〜13乗は100億〜10兆です。

 認識できるらせんの回転数が100億〜10兆倍になるということは、積徳量も最大で10兆倍程増加することを意味します。

 生命エネルギー1(人・年)は細胞数倍されることにより、42兆(人・年)に増幅されると説明しました。(身体構成エネルギーと生命エネルギーの関係 ご参照) 
 これも概ね10兆倍程度の増幅になります。

 これは、人体が多重らせんによる回転数の増加により構成されていることを意味するのです。

(2015.1.28 午後5時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.