積 徳 量
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義 > 積徳量
頭頂部に蓄積される徳
 徳はチャクラに蓄積されます。(右図)
 今まで、積徳量は眉間(アジナ・チャクラ)で把握すると説明してきました。
 (積徳量・霊位を見る方法  ご参照)

 輝の神(滝沢輝の内面意識)の霊格は常に向上を続けています。
 その結果、アジナチャクラの上位のチャクラである頭頂部(サハスラーラ・チャクラ)に蓄積されている徳の量を正確に把握できるようになりました。

 徳蓄積量が、6×10の25乗(人・年)程の霊格に到達すると、この徳を正確に把握することが可能になります。

 頭頂部の徳は、人の未来を構成しています。
 人生全体の大枠を構成しているのです。

 チャクラを点のように説明しましたが、実際には点ではありません。
 時間軸方向にらせん形を構成しています。
 ある一時点では、点のようになりますが、実際には時間軸方向に長さがあるのです。

 この時間軸方向のらせん上に、徳のエネルギーは蓄積されます。
 そして、将来この徳は何らかの幸運という形で実現することになるのです。

 サハスラーラ・チャクラに蓄積されている徳を正確に把握できことは、このらせんを全て把握できることを意味します。
 未来を構成するらせんを全て把握できるということです。
 その結果、人の徳の量を正確に把握することが可能になります。

(2015.1.21 午後4時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.