生まれ変わり回数別人数分布図
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
生まれ変わり回数別人数分布図(2016.2.18 時点)
生まれ変わり
回数
人数分布
具体例
186 1 (人) 滝沢輝(輝の会会長)
179 〜 185 0 (人)  
171 〜 178 5 (万人)  
161 〜 170 9706 (万人)  
141 〜 160 96800 (万人)  
121 〜 140 378600 (万人)  
101 〜 120 208700 (万人)  
67 〜 100 37600 (万人)  
〜 66  0 (人)  

 生まれ変わり回数別の人数分布図を作成しました。
 (現役人類対象)

 表の生まれ変わり回数は、現在の人生が何回目なのかを意味します。
 生まれ変わり回数が2回の人は、過去に1回生まれた経験があることになります。

 平均は126.7回です。
 最も回数の少ない人は67回です。
 最も回数の多い人は、186回です。 これは、滝沢(輝の会会長)です。
 尚、186回は、地球人類全体の中でも最も多い回数です。

 生まれ変わり回数は、人としての経験の多さを意味します。
 ですから、回数の多い人ほど人としての完成度が高いのが一般的です。

 釈迦は178回人生を経験しています。
 イエスは176回です。

 大日如来、阿弥陀如来は共に183回です。

 このように、生まれ変わり回数の多い人が宗教指導者になることが一般的です。

 いつの時代にも指導者・リーダーが必要です。
 生まれ変わり回数の多い人は、指導者・リーダーとして活動するために、現代に生まれてきたと考えることができます。

 滝沢(輝の会会長)の生まれ変わり回数が最も多いという事実は、現在のリーダーとして生まれてきたということを意味しています。
 滝沢が人類救済宣言をした理由もここにあります。

 滝沢が人類救済を実現するために興した宗教が輝の会です。

 輝の会の役割をご理解頂きたいと思います。

(2016.2.23 午後4時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.