守護神の活動
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 輝の会守護神
輝の会守護神のはたらきが顕著な理由

 守護神としての格が与えられるのは、天界到達時点です。
 輝の会以前の大部分の宗教では、開祖といわれる方々でも天界入りできていませんでした。
 釈迦やイエスでさえ、天界には到達していなかったのです。

 釈迦やイエスを天界に導いたのは、輝の会です。

 輝の会以前の大部分の宗教では、天界に到達した方がいないため、守護神として活動した人は存在しません。ですから、守護神として社会を導くことはできません。
 当然、神霊として社会を導いたという実績も報告されることはありません。

 輝の会守護神は全員天界に到達しています。
 天界神霊は、自らを本尊として新たな宗教を興すこともできる存在です。
 ですから、守護神として十分な力を発揮することができるのです。

 尚、霊位分布図では、天界入りしている現役人類が大勢います。
 しかし、これらの方々には神霊として働くための才能が備わっていません。
 (霊位と才能の関係 ご参照)
 ですから、守護神として働くことはできません。

 輝の会守護神は霊界で修行し、神霊としての能力を兼ね備えているため、守護神として働くことが可能です。
 ですから、実際に社会を正しい方向に導くことができるのです。

 輝の会守護神が社会を正しい方向へ導いたという実績を報告できるのは、各守護神が天界に到達し、神霊としての能力を十分に兼ね備えているからなのです。

 輝の会が従来の宗教よりはるかに大きい働きをしているという事実を、ぜひご理解頂きたいと思います。

(2014.11.25 午後4時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.