国家別積徳量一覧
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
国家別積徳量一覧
No. 国 名 積徳量(万(人・年))
2012年
9/6
1 アメリカ −348
2 中国 −387
3 日本(※) −20856
4 ドイツ 148
5 フランス −4
6 ブラジル 1868
7 イギリス −7
8 イタリア −5
9 ロシア −17
10 カナダ 78
11 インド 4768
12 スペイン −4
13 オーストラリア 47
14 メキシコ 158
15 韓国 −886
16 インドネシア 38
17 オランダ −8
18 トルコ 37
19 スイス −5
20 サウジアラビア 16
21 スウェーデン 158
22 ポーランド −14
23 ベルギー 17
24 ノルウェー 78
25 イラン −788
26 台湾 −47
27 アルゼンチン −38
28 オーストリア 48
29 南アフリカ 38
30 アラブ首長国連邦 192
  バチカン市国 36884
  モナコ公国 1882
  北朝鮮 −3363
  イスラエル −8270
  シリア −47
(ご参考)
  輝の会 122160000
※輝の会は対象外です。積徳量は最終行に記載しました。
・国家の積徳量とは、国民の積徳量磁界エネルギー)の合計です。
 先祖から引継いだ徳なども含まれます。
・積徳量の単位は(万(人・年))です。
 1(人・年)とは、天から供給される徳(磁界エネルギー)が最も多い18歳前後の人が、
 1年間に供給を受ける平均的なエネルギー量のことです。
 その1万倍が(万(人・年))になります。(輝の会が定義した単位です)
・No. は、2011年のGDPの順位を意味します。本表では上位30か国を記載しました。
 また、その他の国で積徳量の多い国、少ない国も記載しました。
2012/9/6分

 国家別積徳量の一覧表を作成しました。

 国家の積徳量とは、国民の積徳量磁界エネルギー)の合計です。
 先祖から引継いだ徳も含まれます。

 日本(輝の会以外)の積徳量は、国家別では世界で最も少ない状態です。
 消費税増税を決めた結果、徳を失ってしまったのです。
 それ以前の日本の積徳量はプラスでした。
 消費税増税の悪影響の大きさは、失った徳の量から理解することができます。
 霊位低下分を含めると、20億(人・年)以上の徳を失いました。
 (消費税増税の問題点については 霊位・積徳量速報 ご参照)

 GDP上位30か国で積徳量が最も多いのは、インドです。2番目がブラジルです。
 経済成長の著しい両国の積徳量が目立っています。

 金融危機が叫ばれているユーロ圏では、イタリア、フランス、スペインがわずかなマイナスになっています。
 5月以降、これらの国々を支えるために、1国につき300万(人・年)以上の徳を輝の会が提供しました。その結果、積徳量が0近辺に収まっているのです。
 輝の会のサポートが、世界の金融・経済の安定に寄与しているのです。
 また、ドイツの積徳量はプラスです。ユーロ圏諸国の中心がドイツであるということが、GDPのみならず積徳量からも判断できます。

 国家別で積徳量が最も多いのはバチカン市国です。3.6億(人・年)ほどの積徳量です。
 キリスト教(カトリック)総本山のバチカン市国は、キリスト教の功徳で世界全体を支え続けているのです。
 また、モナコ公国の積徳量が1800万(人・年)を超えています。
 バチカン市国やモナコ公国等、面積の極めて小さい国家の積徳量が大国より多い点が、国家別積徳量の特徴です。

 土地は本来すべての人の共有物です。
 これを国土にすることは、他国の人からその土地を使用する権利を奪うことを意味します。
 国土を保有することは、他国の人の自由を奪うことです。ですから、国土が大きくなればなるほど徳を失うことになります。
 面積の小さい国家の積徳量が多いのは、国土保有により失う徳の量が少ないためです。

 積徳量の少ない国家には、イスラエル、北朝鮮等があります。
 シリアには2012年だけで4000万(人・年)弱の徳を輝の会が提供しました。
 その結果、積徳量が大幅に増えたため、−47万(人・年)の積徳量となっているのです。

 輝の会の積徳量は1兆(人・年)を超えています。
 輝の会の徳が、世界全体の安定に寄与しているのです。

 輝の会では入会を受け付けています。
 入会案内

 お申込をお待ちしております。

(2012.9.7 午前11時 記載)
 2015年1月に、積徳量を見る方法を変更しました。
 (積徳量を見る方法を変更 ご参照)

 本ページの徳の量は、それ以前の方法で確認したものです。

(2015.2.9 午後5時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.