感謝することは積徳行為
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。

 ホーム > 教義

感謝することは積徳行為

 想念の法則について説明します。
 それは「想念は人に伝わる」ということです。
 言葉に出さなくても、想いは伝わります。

 周囲の人を否定する想念を発すると、その人に伝わります。
 因果律の原理で、否定する人は否定されます。
 否定的な想念を出すと、その人に否定されるようになります。
 ですから、人を否定する想念は出さないように心がけて頂きたいと思います。

 感謝することが重要です。
 感謝すると感謝されます。
 周囲の人々に常に感謝して下さい。

 心の中で「ありがとうございます」と思えばいいのです。
 すべての人々に「ありがとうございます」と心の中で感謝してください。
 すると、人から感謝されるようになります。
 これはそのまま、人生が豊かになることを意味します。

 感謝すると、相手の人に徳が積まれます。
 感謝することは、相手の人に対して積徳を行うことになるのです。
 他者に徳を積むと、自分自身に徳が蓄積されます。
 感謝することは自分自身に対する積徳行為なのです。

 輝の会会員は、人類浄化により生成した徳を全ての人に提供しています。
 これは徳を積むという意味で、全ての人に感謝する行為(積徳)と同等の行為です。
 輝の会では、徳を提供するという形で、全ての人にいつも感謝しているのです。

(2015.9.5 午後5時 記載)
前のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.