輝の神(輝の会本尊)は仏教・神道・キリスト教の最高指導神
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
輝の神(輝の会本尊)は仏教・神道・キリスト教の最高指導神

 輝の会では、仏教や神道、キリスト教など各種宗教の本尊が守護神として働かれています。

 これらの守護神霊の中心に位置するのが、輝の神(輝の会本尊)です。
 輝の神は自らのオーラで輝の会守護神を支えています。
 当然、輝の神は仏教や神道、キリスト教の本尊も支えています。

 これらの本尊は天界に位置しています。
 天界神霊は創造神に支えられています。
 (創造神と天界神霊の関係 ご参照)

 仏教や神道、キリスト教の本尊は以前から、輝の神以外の創造神に支えられています。
 (宗教を支える創造神の徳蓄積量 ご参照)

 しかし、輝の神は霊位上昇を続けているため、これらの宗教を支える創造神よりも格がはるかに高くなりました。
 その結果、現在では輝の神が仏教や神道、キリスト教を直接支えています。
 (宗教を支える創造神の徳蓄積量 に記載した創造神も、これらの宗教を支え続けています)

 輝の神(輝の会本尊)が、仏教・神道・キリスト教の最高指導神として働いているのです。
 その結果、現在では神社・仏閣・教会からも輝の神のオーラが放射されています。
 これらの施設を支える最も格の高い神霊が、輝の神なのです。

 明治神宮や川崎大師、鶴岡八幡宮等の有名な神社・仏閣からも、輝の神のオーラが放射されています。
 これらの施設を支える中心の神霊は輝の神です。

 しかし、輝の会オリジナルのサービス(喜びオーラ金運サービス長寿サービス才能強化、等)は、仏教・神道・キリスト教のサービスとしては提供していません。
 これらを提供しているのは、輝の会だけです。

 尚、輝の会と仏教・神道・キリスト教の間に組織としてのつながりは全くありません。

 輝の会の役割の大きさを、ぜひご理解頂きたいと思います。

(2015.12.18 午後5時 記載)
次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.