サッカーワールドカップ(ブラジル大会)で日本が勝てなかった理由
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
サッカーワールドカップ(ブラジル大会)で日本が勝てなかった理由

 サッカーワールドカップはドイツの優勝で幕を閉じました。
 残念ながら日本代表チームはグループリーグ最下位と低迷しました。

 ここでは、日本が勝てなかった理由について様々な角度から解説したいと思います。

金 運
グループC 金運
(億円)
平均才能
万(人・年
チーム指導神霊霊位
京(人・年
コロンビア 62.7 407 3.17
ギリシャ 42.7 392 2.38
コートジボアール 49.6 391 2.77
日 本 43.6 394 2.67
   *金運は日本戦の先発メンバーの合計金運。
   *日本の金運は初戦の先発メンバーの合計金運。
   *平均才能はチーム全員の平均値
 日本の3試合における、先発メンバーの合計金運を表に記載しました。
 金運が大きい人ほど、成功して大金をつかむ可能性が高い人です。
 チームの金運が大きくなるほど、ワールドカップのような大きい大会で勝てる可能性は高くなるのです。
 ですから、メンバーの金運合計は、チームの勝利のための極めて重要な要素なのです。

 初戦のコートジボアール戦では、日本の金運は6億円ほどコートジボアールより少ない状態でスタートしました。
 しかし、先制したのは日本です。本田選手の先制点は見事でした。
 本田選手はワールドカップ前の練習試合等では、調子が悪いと伝えられていました。
 では、なぜ得点を取ることができたのでしょうか。

 本田選手の金運は、ワールドカップ開会時にはマイナスになっていました。
 そして、積徳量もマイナスでした。その結果、調子が落ちていたのです。

 日本代表の中心である本田選手を復調させるために、コートジボアール戦の直前に滝沢(輝の会会長)が本田選手に金運と徳の提供(開運)を同時に行いました。
 その結果、本田選手の金運は大幅なプラスになりました。
 その結果、先制点を取ることができたのです。
 しかし、金運はコートジボアールの方が大きかったので、試合は1-2で逆転負けとなりました。
 この結果はチームの金運から判断すると、極めて妥当だったと思われます。
 日本は金運が足りなかったのです。
 金運を提供していなければ、日本の金運は4チーム中最下位だったのです。

 ギリシャ戦における日本とギリシャの金運はほぼ互角でした。
 ですから、引き分けという結果は金運から見て極めて妥当ということになります。

 コロンビア戦における日本の金運は64億円でした。
 過去2試合よりも金運が増えていたのです。
 その理由は、滝沢(輝の会会長)が金運を提供したためです。
 日本代表の金運が不足していることに気付いたので、各メンバーに金運を提供したのです。
 その結果、試合開始時点では、日本とコロンビアの金運はほぼ互角でした。

 実際、前半終了時点では1対1の同点で終了しました。

 しかし、後半になるとコロンビアはハメス・ロドリゲス選手(本大会得点王)を投入しました。
 この選手の金運は47億円でした。
 その結果、コロンビアの金運合計は100億円以上となりました。
 日本とは40億円ほどの金運差が生じたことになります。
 その結果、後半は3対0でコロンビアの圧勝でした。

 尚、同時に行われたギリシャとコートジボアールの試合では、ギリシャが2対1で勝ちました。
 上表の金運はコートジボアールの方が大きいので、金運と逆の結果になったと思われるかもしれません。
 実は、この試合の直前に、ギリシャ代表チームに金運を提供しました。
 その結果、この試合ではギリシャの方が金運は多かったのです。
 ですから、試合結果は金運通りだったのです。

 このように、金運はチームの勝敗に極めて大きな影響を与えるのです。

 尚、2010年の前回大会(南アフリカ大会)における日本代表チームの金運は98億円でした。(初戦のカメルーン戦の先発メンバー)
 この金運ならば、今回の大会でも予選を突破できたと考えられます。

 日本の金運がこの4年間で減った理由は様々だと思われます。
 一部のメンバーが変わったこともその理由の1つです。
 しかし最大の理由は、海外クラブやCMで活躍し、大金を稼いだため、金運の減少した選手が大勢いたということです。

 金運は実現すれば無くなります。
 すると、今回の日本代表のようにスポーツの能力等、仕事の能力が低下します。
 能力を高めるためには金運を増やす必要があります。

 金運の重要性をご理解頂きたいと思います。

サッカーの才能

 日本が入っていたグループC各国のサッカーの才能(代表選手の平均値)を表に記載しました。
 これを見ると、コロンビアが407万(人・年)で最も高く、他の3ヶ国は390万(人・年)程でほぼ同レベルだったことが分かります。
 サッカーの才能だけで判断すれば、コロンビアが1位で通過したのは極めて妥当ということになります。
 また、日本は予選を突破してもおかしくないレベルに到達していたことがわかります。

指導神霊霊位

 指導神霊(創造神)の霊位は2〜3京(人・年)ほどで、4チームともあまり差がありません。
 一番霊位が高いのはコロンビアの指導神霊です。
 指導神霊霊位から判断すれば、コロンビアの1位通過という結果は極めて妥当と考えられます。

(2014.7.14 午後7時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.