仏教・神道・キリスト教信者を支える輝の会
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
仏教・神道・キリスト教信者を支える輝の会

 仏教・神道・キリスト教の本尊である大日如来阿弥陀如来天之御中主神ゼウスは輝の会守護神としても働かれています。
 仏教や神道、キリスト教の信者の方々は、これらの神霊をいつも信仰していることになります。

 その結果として、これらの神霊は信者の方々にオーラを流し続けています。
 各宗教の本尊は、その神霊のオーラで信者の方々を守り続けているのです。

 輝の神(輝の会本尊)は、輝の会守護神全体(2200億人以上。地球人類全体は約31兆人)をより高い霊界に導いています。
 もちろん、仏教・神道・キリスト教の本尊である大日如来、阿弥陀如来、天之御中主神、ゼウスも導き続けています。

 ということは、輝の神はこれらの本尊を通じて仏教・神道・キリスト教の信者の方々を導いていることになります。

 輝の会が、仏教・神道・キリスト教の信者の方々を導き続けていることを、ここまでの説明でご理解いただけると思います。

 輝の会の役割の大きさ、重要性をぜひご理解頂きたいと思います。

(2014.6.7 午後8時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.