台 風 消 去
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 台風消去
消去実施台風一覧表 (2013-2016)
消去
対象
台風
発生期間 台風の全エネルギー 台風の放射
エネルギー
台風
消去量
消去
割合
発生日時 消滅日時
--2014年--
8号 7月4日9時 7月11日9時 29562 7886 21676 73%
11号 7月29日12時 8月11日9時 76847 24060 52787 69%
12号 7月30日3時 8月4日3時 5887 2009 3878 66%
16号 9月18日3時 9月24日9時 3718 2842 876 24%
18号 9月29日15時 10月6日21時 203668 51980 151688 75%
19号 10月3日21時 10月14日9時 337600 58000 279600 83%
--2013年--
3号 6月8日21時 6月13日3時 18 13 5 27%
4号 6月18日9時 6月21日9時 18 12 6 33%
15号 8月26日15時 8月31日10時 31 18 14 44%
17号 9月2日3時 9月4日9時 28 18 10 35%
18号 9月13日3時 9月16日9時 2493 2076 417 17%
20号 9月21日15時 9月27日9時 415 287 128 31%
22号 9月27日9時 10月3日3時 329 238 91 28%
23号 9月30日21時 10月7日   1150 1068 82 7%
24号 10月4日9時 10月9日9時 1676 536 1140 68%
26号 10月11日3時 10月16日15時 2336 373 1963 84%
27号 10月16日21時 10月26日15時 6688 1360 5328 80%
28号 10月21日3時 10月26日21時 1677 1501 176 11%
 ・エネルギーの単位は全て、億(人・年
 ・「台風の全エネルギー」 = 「台風の放射エネルギー」+「台風消去量」
 ・「台風の放射エネルギー」 は台風のエネルギーとして使われた業念の量。
 ・「台風消去量」 は 輝の会が台風のエネルギー源になる前に消去した業念の量。
 <台風に対するコメント>
台風 コメント
--2014年--
8号 台風8号が発生した理由については、こちらを参照願います。 
憲法解釈変更(集団的自衛権行使可能)により莫大な徳を失った日本人
11号 台風の原因は業念です。この業念は人から放射されています。人の業念の消去過程で台風が発生しているのです。
台風消去(徳の提供による業念消去)を実施しても、人から業念が追加供給されると台風は簡単には消えません。本台風はその典型でした。
16号 中国で大雨が降った後に消去を実施したため、消去割合が低くなりました。
18号 史上最強クラスと呼ばれた本台風は、業念の量が極めて多かったため、消去のために莫大な徳を提供しました。その結果、台風の強さと比べて被害は小規模でした。
19号 2014年最強台風の被害を最小限に抑えた輝の会 ご参照。
--2013年--
3号 台風3号の完全消去に成功 ご参照。
4号 台風3号4号の連続完全消去に成功 ご参照。
15号 九州西の海上で温帯低気圧に変わりました。
17号 四国付近で温帯低気圧に変わりました。
18号 18号のエネルギーは2000億(人・年)を超えました。
蓄積されていた業念がそれだけ多かったということです。
輝の会では400億(人・年)を超える台風消去を実施しました。
特に、台風が上陸した9月16日には、314億(人・年)の台風消去を実施しました。 台風の進路より西側の被害が大きいという珍しい現象が起こったのは、輝の会(横浜(台風経路の東側))を中心として台風消去(気象調和の創造)を実施したためです。
台風消去により、台風の被害規模は3分の1〜4分の1程度に収まりました。
輝の会の台風消去が無ければ、被害規模は3〜4倍に拡大していました。
20号 最低気圧970hPa、上陸せず。日本の東側をかすめました。
22号 最低気圧992hPa、上陸せず。日本の東側をかすめました。
23号 10月6日12時40分に台風消去終了。続いて24号の消去を開始。
24号 台風24号(2013年最大の台風)を完全消去した輝の会 ご参照。
26号 最低気圧930hPaを記録(24号以上の勢力)。
輝の会では1963億(人・年)(台風の全エネルギーの84%)の台風消去を実施しました。
輝の会の台風消去が無ければ、被害規模は7〜8倍に拡大していました。
27号 最低気圧920hPaを記録(26号以上の勢力)。
長期間(10日間)存在した台風であり、全エネルギーは6688億(人・年)に達しました。(2013年に日本に接近した台風で最大のエネルギー量)
輝の会では5328億(人・年)(台風の全エネルギーの80%)の台風消去を実施。
台風被害を最小限に抑えることに成功しました。
28号 27号と同時に日本に接近。27号ほど日本に近づかなかったものの、台風のエネルギー(業念の圧力)は日本に届いていたので、消去を行いました。

2013年10月に大型台風が連続発生した理由については、こちらを参照願います。 消費税増税(8%)により莫大な徳を失った日本人

 2015年1月に、積徳量を見る方法を変更しました。
 (積徳量を見る方法を変更 ご参照)

 これは積徳量や業念の量を把握する際の基準の変更を意味します。
 この基準の変更を行うと、上表の台風のエネルギーも変化します。
 上表のエネルギーの量は、変更前の方法で確認したものです。

 2015年以降は、積徳量を見る方法の変更により台風のエネルギーが
 変化するため、台風消去を行った号数のみ記載します。

 <台風消去実施台風>
  2015年  6・9・11・12・13・15・16・17・18・21・23号
  2016年  5・6・7・9・10・11・12・13・16・18号、ハリケーン「マシュー」
 台風の詳細情報はこちらを参照願います
  ・・ 過去の台風資料(気象庁ホームページ)
 
 台風消去を行えば行うほど、台風のエネルギーである業念が少なくなるため、被害は
 小規模になります。
 輝の会の台風消去の重要性をぜひご理解頂きたいと思います。

 皆様のお申込をお待ちしております。

前のページへ     次のページへ

台風消去理論・実例
台風消去理論
 台風消去理論に関する解説。台風消去実績は150回を超えています。
台風3号の完全消去に成功
 台風3号の完全消去に成功しました。
台風3号4号の連続完全消去に成功
 台風3号4号を連続して完全消去することに成功しました。
台風24号(2013年最大の台風)を完全消去した輝の会
 輝の会は台風24号(2013年最大の台風)を完全消去することに成功しました。
2014年最強台風の被害を最小限に抑えた輝の会
 台風19号(2014年最強台風)の被害が台風の規模に比べて小規模だった理由は、輝の会が台風消去を実施し、台風のエネルギーを大幅に減少させたことです。
神霊の徳提供能力と台風消去
 台風を完全消去できるだけの徳を提供できる宗教は、
 輝の会(本尊:輝の神)だけです。
台風エネルギーを把握する方法
 オーラを見る方法を使って台風エネルギーを把握します。
海水温度差は台風勢力衰退理由ではない
 日本に近づく台風の勢力が急速に衰えるのは、輝の会が台風消去を行うためです。
 日本近海の水温が低いためではありません。
天候の調和を実現する方法
 天候の調和を実現する方法に関する説明。水不足解消も可能です。
 積徳量の多い人ほど大きな成功(開運)が可能です。
輝の会は台風の完全消去が可能な唯一の宗教
 輝の会は台風の完全消去が可能な唯一の宗教です。
台風消去による序列運の増加
 台風消去により序列運が増加します。
災害消去
 台風消去と同時に災害消去も実施しています。
台風消去による中心気圧上昇
 台風消去により台風5号の中心気圧が上昇しました。
消去実施台風一覧表(2013-2016)
 台風消去を実施した台風の一覧表。コメントも記載しています。
消去実施台風一覧表(2017-2018)
 台風消去を実施した台風と、蓄積された序列運の一覧表。

台風消去サービスお申込方法
台風消去サービス - お申込受付開始について
 台風消去のお申込受付を開始しました。これを台風消去サービスと呼びます。
台風消去サービス − 台風消去方法
 台風消去サービスにおける台風消去方法の説明です。
台風消去サービス − お申込方法
 台風消去サービスのお申込方法に関する説明です。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.