人類浄化の重要性
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
人類浄化の重要性

 人には創造力があります。創造は想いから始まります。
 この想いが実在しない争い、対立に向かう場合、これを業念と呼びます。
 実在とは循環する存在を意味します。循環しないと存続できません。
 天界以上の世界は完全調和の世界です。業念はありません。 ですから、業念は天界以外の世界の意識から発生していることになります。

 対立・争いの想いは相手を傷つけるため循環しません。その結果、滞留します。これが形に現れて消える時、何らかの破壊が起こります。業念は社会の破壊要因なのです。
 台風や地震、病気等も業念の消去過程で発生しているのです。

 業念は実在しないため、天界の光により消去することができます。これを業念の浄化と呼びます。
 業念を浄化すると、台風や地震の発生理由が無くなります。業念の浄化には台風や地震を消去する効果があるのです。
 病気も業念の浄化により改善します。 このように、業念浄化は社会の調和につながります。ですから、常に業念を浄化する必要があるのです。

 肉体と宇宙は同じものの別の見方です。(5次元理論 〜その2 ご参照)
 人の想念は肉体の内側だけではなく、宇宙全体に広がっているのです。
 人類全体の想念エネルギーは莫大です。地球全体にも大きな影響を与えています。
 調和の想念は人類にプラスの影響を与えますが、業念は人類を傷つけます。
 ですから常に想念界の調和を保つ必要があります。

 輝の会では地球全体、宇宙全体の浄化を行います。これはそのまま人類全体の業念の浄化を意味します。
 人類全体に天界の光を放射することにより、人類の業念を浄化するのです。
 人類全体に天界の光を放射するということは、人類に天界の光を与えることを意味します。

 人類に天界の光を与えると、自分自身に光が蓄積されます。
 (宇宙と自身は同じものの別の見方)
 輝の会ではこの光をお分けすることにより、開運・霊位向上・供養を行っているのです。

 人類浄化の働きを何倍にも高め、人類全体の調和・発展に多大な貢献をすることが輝の会の目標なのです。

(2008.11.20 午後4時 記載)
人類浄化による気候の調和

 低気圧で関節痛が起こるのは、業念の圧力が高いためです。

 高気圧 ・・ 生命力が高く、業念の圧力が低い
 低気圧 ・・ 生命力が低く、業念の圧力が高い

 業念は不調和という形に現れることにより消えるのが一般的です。
 低気圧の業念を肉体(宇宙の別の見方です。周囲の空間(天候)の影響を受けています)で消去する際、関節痛などの症状が発生するのです。
 しかし、業念は天界の光(オーラ)により消去することが可能です。

 輝の会で行う人類浄化では業念を消去するため、天候の調和につながります。
 低気圧の淀んだ雰囲気が、澄み渡った綺麗な雰囲気(空気)に変わるのです。
 その結果、業念による関節痛等の症状が和らぎます。

 人類浄化にはこのように実生活に直結する効果があるのです。

(2008.11.20 午後9時 記載)
想念界の調和の実現

 業念とは自分さえよければいいという想念、結果的として周囲の人々を傷つける想念のことです。
 これを無くすためには、社会全体のため、人類全体のために活動するという想念を継続する必要があります。
 奉仕の精神を養うことが、人類全体から業念を消去するために極めて重要なのです。

 輝の会では人類浄化の功徳により、人類全体の霊位向上、積徳を実現します。
 これはそのまま人類全体に対する奉仕と考えることができます。
 奉仕を受けた人は、奉仕により社会全体に報いる行動を行うようになります。
 輝の会のトレーニングを継続することにより、人類全体に奉仕の輪が広がるのです。
 これはそのまま業念の消去、想念界の調和の実現を意味するのです。

 人類全体の想念界の調和を実現することも、輝の会の重要な目標なのです。

(2008.11.20 午後4時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.