性交渉相手人数と徳の関係

輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義

性交渉相手人数と徳の関係

相手人数
(人)
失う徳
億(人・年
1 0
2 38
3 147
4 623
5 2376

 性交渉相手人数(過去の累積値)と、失う徳の関係を表にまとめました。
 (異性間の性交渉が前提)

 表の徳の量は、相手が1人増えた際に失う徳の量です。
 例えば、2人の経験者が3人目の相手と性交渉を行うと、新たに147億(人・年)の徳を失います。

 相手が0〜1人の場合、徳は失われません。
 これは天の調和状態ですから、徳は失われないのです。

 相手が2人以上になると、徳を失います。
 人数が増えれば増えるほど、失う徳の量は増えます。

 以上の説明で、性交渉相手は配偶者に限定するのが理想的だということをご理解頂けると思います。
 尚、配偶者と死別して再婚した場合、表の性交渉相手人数は増加しません。(表の例外です)

 相手人数が増えると、失う徳の量が増える理由を説明します。

 ある男性が全ての女性と子供をつくるケースを想定します。
 この場合、生まれてくる子供は全員兄弟姉妹になります。

 この子供たちが互いに結婚すると、近親相姦になります。
 すると、その子供は遺伝病を発症しやすくなります。
 同一人物(A)を親とする人同士の子供には、(A)の遺伝子を原因とする遺伝病が発症しやすいのです。

 遺伝病を防止するためには、性交渉相手を少数に限定することが有効です。
 すると、人類全体の遺伝子のパターンが増加し、遺伝病が減少するためです。

 遺伝病を防止するためには、性交渉相手を1人に限定することが理想です。
 これが、遺伝病を減少させる極めて有効な方法です。

 多数の異性と性交渉を行う人が増えれば増えるほど、遺伝病の可能性は高くなります。

 人類発展のためには、性交渉相手を1人に限定することが理想なのです。

 以上の説明で、性交渉相手人数が増えるとより多くの徳を失う理由をご理解頂けると思います。

(2015.5.2 午後4時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.