増幅した不調和想念エネルギーによる病気の発生
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
増幅した不調和想念エネルギーによる病気の発生

 地震・台風の原因は増幅した不調和想念エネルギーだと説明しました。
 不調和な想念は環境に悪影響を与えるだけではなく、自分自身の身体にも悪影響を与えます。
 その結果、病気の主要な原因にもなります。

 因果律の発生原理で説明した通り、人は周囲に与えた影響を自身が受けることになります。
 この原理で、発した不調和想念の影響を自身が受けることになるのです。

 がんをはじめとする様々な病気の原因は、自分自身の不調和想念(行為)なのです。
 (がんの主な原因は哺乳類を食べる行為です。これは不調和な行為です。
  因果律で自分自身の肉体を傷つけてしまうのです)

 不調和な想念(行為)は、環境(地球等)への悪影響になると同時に、自分自身の肉体を破壊する行為でもあるのです。
 ですから、常に想念(行為)を調和・安定させる必要があるのです。

(2012.11.17 午後10時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.