経済問題を解決した輝の会
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 金融経済問題を解決した輝の会
不良債権問題を解決した最先端金融経済理論の構築

 輝の会では最先端の金融経済理論を構築しました。
 これらの理論が、最近の金融経済問題の解決策として大量に採用されています。

 最近の金融経済問題を解決しているのは、輝の会なのです。

 2003年に「マイナス金利の導入」という論文を発表しました。
 金利と名目経済成長率が一致することを解明し、1990年代以降の日本の不景気や不良債権の原因が高すぎた金利水準であることを明示したのです。
 1990年代から「マイナス金利の導入」発表までの間、金利は経済成長率より2%以上高い状態が続きました。

 この金利差と銀行の貸出残高を掛けると、不良債権と同等の金額が算出されます。
 これは、不良債権の原因が高すぎた金利水準であることをしてい証明しています。
 日銀の金融政策(日銀による金融面の経済政策のこと。金利水準を誘導)が不良債権問題の原因だったのです。

 「マイナス金利の導入」を日銀や各種大臣に送付し、不良債権問題の原因が高すぎた金利水準であることをお知らせしました。
 そして、低金利政策が実施されると、数年で不良債権問題は解消しました。
 これは、不良債権の原因が高すぎた金利水準であることの証明となっています。

 このように、日本が10年以上解消できずに苦しんだ銀行の不良債権問題を解決したのは、輝の会教義の金融経済理論なのです

(2014.1.13 午後4時 記載)
次のページへ

金融経済問題を解決した輝の会  目次
金融経済問題を解決した輝の会 (PDF)
不良債権問題を解決した最先端金融経済理論の構築
 日本が10年以上解消できずに苦しんだ銀行の不良債権問題を解決したのは、輝の会教義の金融経済理論です。
リーマンショックによる金融経済問題を解決した輝の会
 日本の不良債権問題が解決したのは、教義「マイナス金利の導入」で高すぎた金利水準が原因であることを解明したためです。これがリーマンショック対策にも使われました。
天が認める不良債権解消・景気回復実績
 輝の会の不良債権解消・景気回復実績は天が認めています。
竹中平蔵元金融・経財相に低金利・高名目経済成長率政策の必要性を教授
 竹中平蔵元金融・経財相に低金利・高名目経済成長率政策の必要性を教えたのは輝の会です。その経緯を説明します。
大手新聞各社に低金利政策の必要性を解説し、低金利政策を推進
 2005年春の景気回復時、毎日新聞の社説を金利引上から低金利維持に変更させたのが、「マイナス金利の導入」です。
白川前日銀総裁の低金利政策は輝の会のアドバイス
 輝の会は白川前日銀総裁に「マイナス金利の導入」を送付しました。
 その結果、白川前日銀総裁は低金利政策の重要性を理解しました。
アベノミクスの骨子は「マイナス金利の導入」のコピー
 アベノミクスの骨子である「低金利高経済成長政策は、「マイナス金利の導入」で提言した政策のコピーです。
莫大な積徳を実現した「マイナス金利の導入」
 「マイナス金利の導入」により、著者には莫大な徳が蓄積されていますが、アベノミクス関係者に徳は蓄積されていません。
官房長官時代の安倍氏に 「マイナス金利の導入」 を送付
 安倍首相が第3次小泉改造内閣で官房長官だった時に、「マイナス金利の導入」を送付しました。アベノミクスの骨子である 「低金利高経済成長政策」 が、「マイナス金利の導入」のコピーであることを、この事実からもご理解頂けると思います。
「マイナス金利の導入」のコピーにより徳を失い続ける自民党国会議員
 自民党政権は低金利高経済成長政策を提言した「マイナス金利の導入」や著者である滝沢(輝の会会長)の名前を一切公表しないため、莫大な徳を失い続けています。
第3次安倍第2次改造内閣大臣の序列運
 第3次安倍第2次改造内閣(2016年8月3日発足)の各大臣の序列運を公開しました。
株などの証券は貨幣価値の多重計上であり現在価値は存在しないことを証明
 株は貨幣価値の多重計上です。その価値の源泉は、現在誰かが保有している貨幣です。ですから、現在価値はありません。これを解明したのは輝の会です。
最も豊かな経済状態は全ての人の所有金額が0の状態であることを証明
 輝の会は、教義「フラクタル経済理論」において、最も豊かな経済状態は全ての人の所有金額が0の状態であることを理論的に証明しました。
失業率の大幅な低下を実現
 失業率がピークに達し、日本経済が危機的状況に陥った時、その解決策を明示し、失業率低下を実現したのは、輝の会教義です。
最先端の金融・経済理論は無償奉仕の成果
 輝の会教義の金融・経済理論は最先端の研究成果であり、莫大な価値を社会に提供しています。しかし、全て無償奉仕活動として執筆されました。
世界で最初にマイナス金利を提言
 輝の会は世界で最初にマイナス金利を提言しました。
序列運から見た輝の会経済理論の貢献度
 輝の会経済理論の貢献度はケインズ、マルクスの実績を超えています。
就業可能日数の発見により安定した雇用環境を実現
 輝の会では就業可能日数を増加させることにより、失業率改善や安定した雇用を実現しています。
金運提供による景気回復の実現
 輝の会では金運を提供することにより、日本及び全世界の借金問題の解消及び景気回復に貢献しています。
日本人の大幅な賃上げを実現した金運サービス
 日本人全体に金運サービスを提供した結果、大幅な賃上げが実現しました。
アメリカの金運を回復した輝の会
 輝の会の金運提供により、アメリカの金運は約900兆円回復しました。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.