5 次 元 理 論
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
5次元理論」 とは 5次元理論
 5次元についての解説書。5次元とは、点と空間の一体化、大小逆転の構造である。
 フラクタル構造と考えることもできる。フラクタルとは、部分と全体の同形構造のこと。我々の世界で言えば、点と空間の同形構造ということになる。


 また、物理学においては、フラクタル構造に電磁波を蓄える性質があることが発見された。
(2004年1月 朝日新聞1面記事)
 本書の内容が本発見のヒントになったことは明白である。物理学でフラクタル構造の重要性が発見された現在、それを最初に提言した本書の価値は極めて大きいといえる。


 フラクタル構造では、点の中に空間が内包される。よって、物質論(点の集合が空間である)は誤りということになる。このように、従来の常識観であった物質論を論破することにより、宗教と科学が本来一体の理論として構築されるべき点を明示している。


2003年2月28日発行  新風舎
「5次元理論」 目次

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.