創造神は全ての価値の根源
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
天候の調和を実現する方法

 2013年6月に入り、水不足が問題化しています。

 台風消去では災害の原因となる破壊エネルギーのみを消去するため、生活に必要な水の供給となる雨の消去は行いません。 この点はご安心頂きたいと思います。

 水不足の原因も業念(不調和想念)です。
 水不足は、徳(磁気単極子エネルギー)を使用することにより解消可能です。
 徳は存在の原型を構成するエネルギーです。
 このエネルギーで未来の原型を構成できます。
 徳(磁気単極子エネルギー)を使用し、将来の調和した状態(水不足が解消した状態)を創造すれば、水不足は解消可能です。

 台風3号消去後の6月14日から、この方法を開始しました。
 使用した徳の量は1.7億(人・年)です。
 その直後から日本全体で雨が降り始めています(6/15-16の雨など)。

 輝の会ではこのように、天候操作を行うことがあります。
 但し、その目的は、天候の不調和解消に限定しています。

 天気予報では、台風の経路予想を行います。
 しかし、未来は確定されていないため、正確な予報は不可能です。
 (根拠:不確定性原理等)
 台風の経路予想に幅があるのは、将来が不確定だからです。

 世界は人の意識で構成されています。
 人の意識のあり方、想念で天気の状態も変化します。
 これが、正確な天気予報が不可能な本質的な理由です。
 意識操作で徳(磁気単極子エネルギー)を生成し、天候の不調和要因を消去すると、天候は調和します。 この原理で台風を消去します。

 台風の恐怖に怯える時代は既に過去となっているのです。
 人が台風を管理する時代が既に到来しているのです。

(2013.6.19 午後3時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.