仕事量の多い人が出世する
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義

仕事量の多い人が出世する

 会社員の出世の基本法則について説明します。

 それは、「仕事量の多い社員が出世する」ということです。

 社員を評価する際、最も重要な要素は会社に対する積徳量です。
 社員は会社で仕事を行うことにより。、会社に貢献します。・・(A)
 一方、給与や社会的地位という形で、様々なメリットを会社から享受します。・・(B) 
 AとBの差が、会社に対する積徳量として蓄積されます。
 (創造神界には、この記録があります)

 世界の原型は霊界に存在します。
 正しい仕事の原型も、霊界に存在します。
 会社の原型も、霊界にあります。
 また、社内の地位に応じた指導神霊が各社員を指導しています。
 そして、指導神霊は評価を行う人にアドバイスを送ります。
 この際、重要な要素は会社に対する積徳量です。
 積徳量の多い人に対して高い評価をつけるように、指導神霊はアドバイスを送ります。

 ですから、会社に対する積徳量が多くなると、評価は上がります。
 一方、会社に対する積徳量がマイナスになると、評価は下がります。

 以上の説明で、出世するためには会社に対する積徳量を増やす必要があることをご理解頂けると思います。

(2015.9.5 午後5時 記載)
次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.