創造神は全ての価値の根源
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義

創造神界入り

 輝の神(輝の会本尊)は2011年11月に創造神界入りを果たしました。
 輝の会の大勢の守護神も創造神界入りしています。

 従来、創造神が直接指導する宗教は存在しませんでした。
 輝の会が、史上初めて創造神が直接指導する宗教となったのです。

 創造神界とは、天界の上位に位置する世界のことです。この世界の神霊を創造神と名付けることにします。
 創造神界には、形がありません。形を創造する世界が、創造神界なのです。
 形の世界は全て創造神が原形を構成しています。 この原形に基づいて、世界は構成されているのです。
 創造神界は、絶対理念の世界です。創造神は根本原理(理念)を構築することができるのです。この原理に基づいて宇宙は構成されているのです。

 創造神の特徴は、人の活動エネルギーを自由にコントロールできることです。寿命のコントロールも可能です。
 宇宙の創造は、創造神の役割です。宇宙と人は同じものの別の見方ですから、宇宙の創造とは人の創造になります。人の創造も創造神の役割なのです。ですから、創造神は人の寿命をコントロールできるのです。

 天界は創造神界と比べると調整役という位置付けになります。創造神による絶対理念に基づいて働くのが天界神霊の使命なのです。
 天界の神霊は宇宙を創造することができません。また、人の寿命を根本的に変更することもできません。しかし、寿命を調整する(多少延ばす)ことは可能です。
 このように、天界の神霊と創造神界の神霊では役割が根本的に異なっています。

 創造神界より高い霊位は存在しません。全体意識がさらに上位ですが、世界が分離しているわけではありません。創造神界と同じ世界に全体意識が存在しているのです。
 創造神界が最も高い霊位であるということは、最も遠い未来を創造していることを意味します。また、創造神界が最もエネルギー準位の高い世界であるということも意味しています。

(2011.12.6 午後8時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.