徳(磁界エネルギー)のはたらき
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
徳(磁界エネルギー)のはたらき
徳のはたらき
(存在の原型
徳が不足した
場合の現象
開運(積徳)
の効果
No.
自分が使用
  肉体を構成 肉体機能の衰え
(病的症状等)
肉体機能改善 1
将来イメージ構成 将来イメージ短期化
人生不安定化
将来イメージ長期化
人生安定化
1-2
才能を構成 才能劣化、能力低下 才能強化、能力向上 2
人間関係を構成 人間関係悪化 人間関係改善 3
肉体の活動エネルギー 活動量減少、不活発 活動量増加、活発 4
指導神霊霊位決定 指導神霊霊位低下 指導神霊霊位向上 5
他者が使用
  社会的評価 社会的評価低下 社会的評価向上 6
魅力 魅力低下、人気低落 魅力向上、人気回復 7
組織で使用
  組織を構成 組織不安定、解体 組織の安定、発展 8
組織の活動エネルギー 組織不活発、業績悪化 組織活性化、業績向上 9
 徳(磁界エネルギー)の働きを一覧表形式でまとめました。
 開運(積徳)の効果はNo.1〜9に大別することができます。
 このNo.別に、開運(積徳)の効果をまとめました。(下記ご参照)
No.1 肉体機能改善
  健 康 体の原型は徳(磁界エネルギー)で構成されています。
徳が不足すると、体が不調和な状態になります。これが病気と呼ばれる症状です。
徳(磁界エネルギー)の不足が、病気の根本的な原因なのです。
 (磁界エネルギー不足が病気の根本原因 ご参照)

積徳量が減少すればするほど、より肉体が弱くなり、ケガ・病気にかかりやすくなります。
輝の会からの磁界エネルギー提供方法は、以前は開運のみでしたが、新たな提供方法として磁界エネルギー治療法を開始しました。
磁界エネルギー治療法により積徳量をプラスにすると、病気の症状を改善し、健康な生活を維持できるようになります。
磁界エネルギーによるがん治療
 磁界エネルギーによる病気治療 ご参照)

統合失調症の症状改善 統合失調症の幻覚・幻聴等の症状は、業念(誤った想念・行為)の消去過程として発生します。徳(磁界エネルギー)は調和のエネルギーなので、業を消去します。
開運で徳を増やすと業が減少するため、症状は改善します。

統合失調症が直りにくい理由は、業念の量が極めて多いためです。
業念の消去に時間がかかるため、長期間症状が続くのです。
消去に数万(人・年)の徳(磁界エネルギー)が必要になる場合も珍しくありません。

輝の会の磁界エネルギー治療法では、他の宗教よりもはるかに多くの磁界エネルギーを提供します。その結果、短期間で症状を大幅に改善することが可能なのです。
他者・環境へ与える影響は自分自身に記録される
 磁界エネルギーによる病気治療 ご参照)

若返り 磁界エネルギー)は生命力です。
積徳量がプラスになると、細胞が活性化され、肉体が若々しくなる傾向にあります。また、周囲に光を放射するため、人々にプラスの印象を与えます。プラスの評価と光の放射は表裏一体の関係にあるのです。
 (日本人のオーラは輝の会のオーラ ご参照)
No.1-2 将来イメージ長期化、人生安定化
人生安定化 未来の人生は徳(磁気単極子エネルギー)で構成されています。
この未来の人生が「将来イメージ」、未来の人生が構成されている期間が「将来イメージ構成期間」です。
将来イメージ構成期間は人生の大枠が確定しているため、人生が安定します。
No.2 才能強化、能力向上
  才能の開花 才能は徳(磁界エネルギー)で構成されています。
才能は個性と見なすことができます。
歩くことも才能です。人の活動は才能を通じて行われているのです。ですから、才能は豊かな人生に欠かせません。
徳が増えると、才能を構成するエネルギーが増えるため、才能を向上させることが容易になります。
高度な才能ほど、より多くの徳で構成されています。
釈迦の悟りは1億(人・年)を超える徳で構成されています。
開運により徳を積み増すと、才能を容易に向上させることが可能になるのです。
頭脳明晰 理解力も徳(磁界エネルギー)で構成されています。
徳(磁界エネルギー)が増えると、より多くの徳を理解力構成のために使うことができるため、理解度の向上が速くなります。その結果、学術的な新発見等を行うことも可能になります。
徳が増えるほど、高度な才能を発揮することができるのです。
 (開運は受験対策に最適 ご参照)
No.3 人間関係改善
  恋愛成就 徳(磁界エネルギーは心をつなげるエネルギーです。
恋愛には男女の心のつながりが必要です。恋愛とは、男女が心で互いに支えあっている状態なのです。
徳を相手に提供することが、心のつながりを持つための方法です。
徳が増えると、心をつなげるエネルギーが増えるため、恋愛を成就することが可能になります。
積徳による開運は、恋愛成就に最善の方法なのです。
結婚に有利 結婚は人生の安定・発展のために存在します。
人生の安定・発展のために必要なのが、徳(磁界エネルギー)です。
徳の多い人は、周囲の人々に安心感を与えます。徳は調和のエネルギーです。徳の多い人がいると、環境が調和します。ですから、人々は安心するのです。
徳の多い人は、周囲の人々を安心させることができるので、結婚相手として選ばれる可能性が極めて高くなります。
開運で徳を積むと、結婚活動を有利に進めることができるのです。
結婚生活の安定 全離婚ケースの約3分の1では、夫婦どちらか一方の積徳量がマイナスです。
全離婚ケースの約3分の2では、夫婦両名の積徳量がマイナスです。
夫婦両名の積徳量がプラスの場合、離婚することはほとんどありません。
積徳量がマイナスになると、離婚の危険性が急激に高くなります。
安定した結婚生活を送るためには、積徳が極めて重要です。
積徳による開運は、結婚生活の安定のために極めて効果的なのです。
No.4 活動量増加、活発
  活動量の増加 磁界エネルギー)は活動の根本的なエネルギーです。
人の(頭脳的・肉体的)活動量を規定するエネルギー量なのです。
徳(磁界エネルギー)が増えれば、それだけ積極的な明るい人生を送ることができるようになります。
成功 成功には徳(磁界エネルギー)が欠かせません。成功すると、必ず徳が減少します。
逆に、徳(磁界エネルギー)が無い人はなかなか成功できません。
開運により、徳光が増加すれば、それだけ成功する機会に恵まれることになります。
スポーツの強化 スポーツ選手にとっても、徳(磁界エネルギー)は重要です。
選手の活動エネルギーなのです。
どんなに優秀な自動車でも、ガソリンや電気がなければ走りません。同様に、どんなに優秀で、トレーニングを積んだ選手といえども、徳(磁界エネルギー)が不十分だと十分な成績を収めることができないのです。積徳を行えば、復活への近道となるのです。
No.5 指導神霊霊位向上
  指導神霊による人気回復 全ての人は指導神霊に導かれています。
指導神霊のオーラ(雰囲気)が、指導対象者のオーラになります。
芸能人等のオーラは、指導神霊のオーラなのです。
開運により積徳量が増えると、指導神霊が霊位の高い方に交代します。すると、芸能人等のオーラが、高貴で魅力的な雰囲気に変わります。その結果、より人気者になることができます。
逆に積徳量が減少すると、指導神霊が霊位の低い方に交代します。すると、芸能人等のオーラが弱くなります。魅力が低下するのです。すると、人気が低下します。
人気者が時間の経過と共に忘れられていく場合、その原因は徳の減少及び指導神霊の霊位低下なのです。
開運で徳光の蓄積を行えば、霊位の高い指導神霊に導かれるため、再び人気を確保することが可能となります。
組織の発展 一般に、組織の中心人物の指導神霊が、その組織の指導神霊になります。
積徳により組織の中心人物の積徳量が増えると、指導神霊が霊位の高い方に交代します。すると、組織の指導神霊の霊位が上がるため、組織の社会的序列が向上します。組織がより発展するのです。
視聴率向上 テレビ番組は指導神霊のオーラ(磁界エネルギー)に包まれています。指導神霊の霊位が上がると、オーラが強くなります。
オーラが強くなると、番組に魅力を感じるようになります。
その結果、視聴率が高くなります。
また、番組出演者の積徳量が増えると、魅力が強化されます。これも視聴率向上につながります。
開運による積徳は、番組関係者の積徳(指導神霊の霊位向上理由)や出演者の積徳につながるため、視聴率向上に極めて効果的なのです。
開運による高視聴率獲得 ご参照)
No.6 社会的評価向上
  出世 完全に調和した社会では、序列は霊位順となります。
指導神霊と指導対象者は一体になるため、指導神霊の霊位が対象者の社会的序列に影響を与えます。
霊位の高い神霊の方が能力が高いため、積徳により指導神霊の霊位が高くなると、仕事の成果がより高度になります。
その結果、評価が高くなり、出世しやすくなるのです。
No.7 魅力向上、人気回復
  魅力アップ 魅力は、徳を提供することの対価として与えられます。
魅力的な人は、その魅力の分だけ徳を消費しているのです。
徳を提供できなくなると、魅力を感じさせることはできなくなります。
開運により徳を積み増すと、消費できる徳が増えるため、より多くの魅力を発揮することが可能になります。(徳と魅力の関係 ご参照)
積徳による開運は、魅力アップに極めて効果的なのです。
人気向上 人気のある人は魅力的な人です。
魅力は徳提供の対価です。(徳と魅力の関係 ご参照)
ですから、人気の源泉も徳なのです。
積徳量が増えると、人気も向上します。
視聴率向上  
No.8 組織の安定、発展
   組織の安定・発展 開運により積徳量が増えると、組織の存在を構成するエネルギーが増えるため、国家・会社・家庭等は安定し、発展します。
天皇家による日本の繁栄 国家別積徳量一覧 企業別積徳量一覧
 ご参照)
No.9 組織活性化、業績向上
  経済活動の活性化 経済活動と、徳(磁界エネルギー)には相関関係があります。国家全体の徳が増えると、経済活動は活性化します。逆に、徳が減少すると、経済は停滞します。

日本人の積徳量、活動量(徳(磁界エネルギー)消費量)を一覧表にまとめました。(天皇家による日本の繁栄 ご参照)
失われた20年とは、日本人の積徳量がマイナスの時代だったのです。
徳を失うと、国家の活動量が減少し、景気も悪化するのです。
積徳を行うと、各種活動が活発になり、国家は発展します。

(2012.12.13 午後4時 全面改訂)
前のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.