内閣を支える輝の会
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
内閣を支える輝の会
<天皇家・輝の会の徳提供量>
天皇家 輝の会
備 考
積徳量
(年初)
徳提供量 徳提供量
全体 内閣へ 天皇家へ 他日本人へ
1946

1980
  2008 1348 - - 天皇家が提供した徳の
年平均値(1946-1980)
1980 14600 1754 1237 - -  
1990 8840 886 489 - -  
1990

2000
  852  477 - - 天皇家が提供した徳の
年平均値(1990-2000)
2000 4870 718 427 - -  
2004 0.0 464 305 - -  
2005 0.1 456 305 - -  
2006 0.0 462 307 - -  
2010 0.3 494 316 46 485  
2011 4.6 746 468 465 748  
2012 22.4 33348 26986 32878 78693  
2013 1508 167694 118876 168749 203686 2013.1.1 - 2013.5.20
※徳、活動量の単位は1万(人・年)です。
内閣を支える輝の会

 輝の会は2008年設立です。
 それ以前から、天皇家に対し、徳の提供を行わせて頂きました。
 上表に、天皇家及びその他日本人への徳の提供量を記載しています。
 (霊位上昇分は含まれていません)
 もちろん、諸外国へも徳を提供しています。(表には記載していません)

 表からお分かり頂ける通り、徳の提供量は急激に増加しています。
 2013年は、5月20日までの140日間だけで、16億(人・年)以上の徳を天皇家に提供させて頂きました。
 そして、この徳の多くが現在の安部内閣に提供されています。

 これが、安部内閣が様々な政策を企画・立案・遂行できる本質的な理由です。
 内閣に提供される徳が増えたため、内閣の政策能力が高くなっているのです。

 このように、輝の会は天皇家を徳の提供という形で支えさせて頂くことにより、間接的に内閣の活動を支えています。
 輝の会は国家の活動を支え続けているのです。

 ご理解頂きたいと思います。

(2013.5.23 午後3時 記載)
 2015年1月に、積徳量を見る方法を変更しました。
 (積徳量を見る方法を変更 ご参照)

 本ページの徳の量は、それ以前の方法で確認したものです。

(2015.2.9 午後5時 記載)
前のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.