創造神は全ての価値の根源
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義

輝の会は台風の完全消去が可能な唯一の宗教

 台風消去で留意すべき点は、消去すべき業念の量を特定できないことです。

 業念は人の不調和な意識エネルギーです。
 我念を集積したエネルギーなのです。
 誰かが業念を新たに発し続ける場合、業念すべてを消去するために要する徳(磁気単極子エネルギー)は増加します。

 また、輝の会やその他の正しい宗教団体では、人類の業念消去を行っています。
 この業念消去のペースが何らかの理由で遅くなる場合、消去すべき業念が増加します。
 すると、この増加した業念が、台風のエネルギーとして追加される場合があります。
 この場合、業念消去で必要となる徳(磁気単極子エネルギー)も増加します。
 それだけ、台風の業念を消去するために必要な時間も長くなる場合があるのです。

 台風消去では、このように台風の原因となる業念の量の変化に気をつける必要があるのです。

 台風3号の台風消去で必要な徳(磁気単極子エネルギー)は、4.8億(人・年)程でした。(2013.6.10 21時)
 1つの台風消去で必要となる徳(磁気単極子エネルギー)は一般的に数億〜十数億(人・年)です。
 台風を消去するためには、これだけの徳を生成し、台風の業念消去を行う必要があります。

 短時間(数日)で数億〜十数億(人・年)の徳を生成できるのは創造神だけです。
 天界以下の神霊では、これだけの徳を短時間で生成できません。
 台風消去を自在に行えるのは創造神だけなのです。

 本尊が創造神の宗教は、世界で輝の会だけです。
 輝の会は、本尊(輝の神(創造神))の力だけで台風消去を行える世界で唯一の宗教なのです。

 輝の会は台風消去を通じて社会の安定・発展に貢献を続けています。
 輝の会の役割りの大きさをぜひご理解頂きたいと思います。

(2013.6.19 午後3時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.