開運と生命エネルギーの関係
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
開運で提供する磁界エネルギーは生命エネルギーではありません。

 輝の会の開運は、徳光(磁界エネルギー)を開運対象者に提供することにより行います。
 これは輝の神(輝の会本尊)が創造神界入りする前に始めた開運方法です。ですから、開運により提供する磁界エネルギーは生命エネルギーではありません。
 以前に開運を申し込まれた方へ提供した徳光(磁界エネルギー)も、生命エネルギーではありません。
   (生命エネルギーについては 生命エネルギーの発見 ご参照)

 磁界エネルギーは、神霊の霊位や意思により、性質が変化します。
 磁界エネルギーには生命エネルギーとその他の磁界エネルギーの2種類あります。
 生命エネルギーとは、創造神が人の生命維持を目的として供給する磁界エネルギーのことです。その他の磁界エネルギーは生命エネルギーではありません。
 開運で供給する磁界エネルギーは「その他の磁界エネルギー」に該当するのです。

 しかし、開運を申し込まれた方は徳光(磁界エネルギー)が一般の方よりも多くなります。
 徳光が多くなると、生命エネルギーの供給量も一般の方よりも多くなります。ですから、開運は生命エネルギー供給量を増やすことにもつながるのです。(直接生命エネルギーを増やすわけではありませんが、間接的に増やす働きをすることになります)。
 また、開運は磁界エネルギー、即ち人の活動エネルギーの増加を意味します。ですから運気は大幅に改善します。

 尚、生命エネルギーを発見する前後で、開運の効果には全く変わりがありません。
 開運により積み増した磁界エネルギー(積徳・悟り)の効果は不変です。
 開運お申込者の方々にはご安心頂きたいと思います。

輝の会会員への長寿サービス開始

 生命エネルギーの供給を、輝の会会員へのサービスとして開始します。
 このサービスを、長寿サービス と名付けます。
 生命エネルギーサービスは、輝の会会員専用のサービスです。
 輝の会から輝の会会員全員に、無償で提供致します。

 長寿サービスの対象者は、輝の会会員に限定しています。
 会員ではない一般の方に対しては、当サービスを行っておりません。
 当サービスをご希望の方は、輝の会にご入会頂きたいと思います。
 よろしくお願い致します。

 輝の会(詳細説明)
 入会申込

長寿サービスについて
 輝の会会員に対する 長寿サービス の概略について説明します。

 上図の黒いグラフは、一般的な人への生命エネルギー供給量です。
 赤いグラフは、35歳で輝の会に入会した会員の生命エネルギーです。

 入会時点から、生命エネルギーを1年につき1(人・年)ほど追加供給いたします。1(人・年)は18歳前後の人が1年間に供給を受ける平均的な生命エネルギー量を意味します。
 赤と黒の差が、長寿サービス により、輝の会から追加供給されるエネルギー量になります。

 グラフからお分かり頂けると思いますが、100歳を越えても生命エネルギー量が1(人・年)を越えています。
 これは、現在の18歳の人より生命エネルギーの供給量が多いことを意味します。10代よりも多くの肉体維持エネルギーを確保できるということです。
 その結果、100歳を越えても、現在の18歳よりも多くの肉体活動を営むことが可能になります。
 スポーツ・学術等、あらゆる分野で現在の若者に勝るとも劣らない成果を上げることが可能になるのです。

 尚、赤のグラフは、35歳で輝の会に新規入会した人が、100歳まで会員を継続する場合の生命エネルギー供給量を意味しています。
 もし途中で輝の会を退会すると、その時点で生命エネルギーサービスは終了します。エネルギーの追加供給が無くなるため、生命エネルギー供給量は黒いグラフに近い値となります。
(黒は現在の平均値です。供給量には個人差があるため、「黒いグラフに近い値」と記載しています)

(2011.12.20 午後7時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.