人類の能力向上のために貨幣制度は廃止すべき
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
人類の能力向上のために貨幣制度は廃止すべき

 貨幣制度を継続することは、貨幣保有により人類全体が徳を失い、霊位向上の機会を自ら捨て去ることを意味します。(貨幣の長期保有は莫大な失徳 ご参照)
 すると、使用できる徳の量は増えません。
 その結果、高度な能力を使用できない状態が続くことになります。
 人類は低い能力のまま活動を続けなければならないのです。

 貨幣制度を廃止すると、全人類の霊位向上は容易になります。
 その結果、高度な能力(様々な能力。神霊能力を含む)を使用することが可能になります。
 人類全体が高度な進化を遂げることができるのです。

 人類の能力向上のために、貨幣制度は廃止すべきなのです。

(2013.2.3 午後9時 記載)
前のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.