守護神の活動
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 輝の会守護神
歌舞伎界を支える輝の会

 2012年12月に(18代目)中村勘三郎さん、2013年2月に(12代目)市川團十郎さんを天界に導かせて頂きました。
 天界入りされてからお二人は、輝の会守護神として歌舞伎界全体を支える活動を行われています。

 お二人の活動を支えるのは輝の神(輝の会本尊)や輝の会守護神全体です。
 ですから、お二人が輝の会守護神になられてから、輝の会が歌舞伎界全体を支えています。

 輝の会による導きは、歌舞伎界に様々な影響を与えています。

 建て替えが行われた歌舞伎座の2013.年4月2日から2014年3月末までの有料入場者数は132万人でした。
 これは当初目標の110万人を大幅に上回る数字です。

 歌舞伎座全体は常に輝の会守護神(創造神)のオーラに包まれています。
 これが歌舞伎座全体に高貴な雰囲気を与え、大勢の人々の来場につながっているのです。

 最近、歌舞伎俳優の方々は非常に人気があります。
 歌舞伎俳優の方々は全員、輝の会守護神のオーラに包まれています。
 輝の会が歌舞伎界全体を支えているのがその理由です。

 このオーラが非常に強いため、歌舞伎俳優の方々の人気が上昇しているのです。

 市川海老蔵さんは、ブログ好きで有名です。
 海老蔵さんがブログを始めたのは、2013年4月9日です。
 この日のブログには、「理由はよく分からないけど始めました」という趣旨の内容が書かれています。

 実はこの時、お父様である市川團十郎さんは輝の会守護神として活動を開始していました。(この2ヶ月ほど前に守護神として活動を開始されました。)
 輝の会にはITに詳しい方々が大勢おられます。その影響で、團十郎さんはITの重要性を痛感されていました。

 歌舞伎普及にはITの活用が重要であると歌舞伎界全体に伝えるため、團十郎さんが海老蔵さんにブログを始めるように導かれたのです。(現在も導かれています)
 これが、海老蔵さんがブログ好きになられた最大の理由です。(ご本人もご存知ではないかもしれません)

 このように、輝の会は歌舞伎界に様々なプラスの影響を与え続けています。
 今後も歌舞伎界を支え続けます。

 輝の会の社会的役割をぜひご理解頂きたいと思います。

(2014.11.25 午後4時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.