(人・年)の意味
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
(人・年)の意味

 (人・年)は徳(磁気単極子エネルギー)の単位です。
 これは天から供給される生命エネルギー(生命維持に使われる増加前の徳)の量が最も多い18歳前後の人が、1年間に供給を受ける平均的な生命エネルギー量を1とする単位です。

 生命エネルギ−は全ての細胞を流れます。
 各細胞は独立した細胞として身体を構成します。すると、人の身体を構成する生命エネルギーは細胞数倍になります。
 その結果、1(人・年)の生命エネルギーが42兆(人・年)程に増加します。

 日本の標準的な労働者(パート、アルバイトは除く)が2013年(1年間)に生み出した労働価値を徳の量に換算すると、73.6万(人・年)程になります。(天の記録によります)

 ご理解頂きたいと思います。

(2014.5.26 午後4時 記載)
(2015.1.30 午後4時 数値更新)
 対価としてお金を受領する仕事に序列運は提供されません。
 序列運は奉仕活動に提供されます。
(2018.2.28 午後1時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.