企業別積徳量一覧
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
企業別積徳量一覧
企業名 積徳量(万(人・年))
2012年
9/3
読売新聞 8.8
朝日新聞 7.7
毎日新聞 7.6
日本経済新聞 6.6
日本テレビ 17.4
TBSテレビ 13.8
フジテレビ 9.8
テレビ朝日 12.8
トヨタ自動車 84.7
日産自動車 37.8
ホンダ 46.8
NTTグループ 74.6
ヤマトグループ 79.8
パナソニック −27.8
日立製作所 −16.7
東芝 −19.8
ソニー −47.4
富士通 −14.6
NEC −24.8
キャノン −18.6
シャープ −126.5
三菱東京UFJ銀行 −22.4
三井住友銀行 −28.8
みずほ銀行 −38.4
・企業の積徳量とは、経営者及び従業員の積徳量霊位磁界エネルギー)のうち、
 企業内の仕事に関する分の合計値です。
・積徳量の単位は(万(人・年))です。
 1(人・年)とは、天から供給される徳(磁界エネルギー)が最も多い18歳前後の人が、
 1年間に供給を受ける平均的なエネルギー量のことです。
 その1万倍が(万(人・年))になります。(輝の会が定義した単位です)
2012/9/3分

 企業別積徳量の一覧表を作成しました。
 (日本の代表的な大企業をピックアップしました)

 企業の積徳量とは、経営者及び従業員の積徳量霊位磁界エネルギー)のうち、企業内の仕事に関する分の合計値です。
 表でお分かり頂ける通り、積徳量はマイナス数十万(人・年)〜プラス数十万(人・年)の範囲に収まっています。(シャープを除きます)

 企業の積徳量は、将来の企業の状況を意味します。
 積徳量が多い企業ほど発展します。(その結果、積徳量は減少します)
 積徳量の少ない企業は、何らかの苦難を乗り越えることになります。
 (その結果、積徳量は増加します)

 シャープが経営難に陥っているのは、積徳量が極端にマイナスになっているためです。
 マイナスの積徳量の消去過程として、様々なものを失っているのです。
 積徳量が増えれば状況は変わります。積徳量がプラスになれば、何も失わずに状況を改善することが可能になります。

 積徳による開運では、10万円のお申込で5億(人・年)の徳を提供しています。
 この開運で、企業の経営状況を改善することが可能です。

 お申込をお待ちしております。

(2012.9.4 午後2時 記載)
 2015年1月に、積徳量を見る方法を変更しました。
 (積徳量を見る方法を変更 ご参照)

 本ページの徳の量は、それ以前の方法で確認したものです。

(2015.2.9 午後5時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.