Y(t)算出シミュレーション
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
Y(t)算出シミュレーション
時間 t Y(t)
0 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 1
1 0.1 0.111 0.111 0.111 0.111 0.111 0.111 0.111 0.111 0.111 1.1
2 0.112 0.111 0.123 0.123 0.123 0.123 0.123 0.123 0.123 0.123 1.211
3 0.126 0.125 0.123 0.137 0.137 0.137 0.137 0.137 0.137 0.137 1.335
4 0.141 0.140 0.139 0.137 0.152 0.152 0.152 0.152 0.152 0.152 1.472
5 0.158 0.157 0.156 0.154 0.152 0.169 0.169 0.169 0.169 0.169 1.624
6 0.177 0.176 0.174 0.173 0.171 0.169 0.188 0.188 0.188 0.188 1.794
7 0.198 0.197 0.195 0.194 0.192 0.190 0.188 0.209 0.209 0.209 1.982
8 0.221 0.220 0.219 0.217 0.215 0.213 0.211 0.209 0.232 0.232 2.191
9 0.247 0.246 0.244 0.243 0.241 0.239 0.237 0.235 0.232 0.258 2.423
10 0.276 0.274 0.273 0.272 0.270 0.268 0.266 0.264 0.261 0.258 2.681
 重ね合わせられる金額を意味する。
 Y( t ) = exp ( t /T )

 の算出を実際に行いました。尚、算出条件は以下になります。

・ 取引主体は10人(A〜J)
・ Y( 0 ) =1
・ t=0 において、全員が0.1 ずつの貨幣を保有する。
・ 1人分の貨幣を他者の貨幣に平等に重ねる。
  (取引主体数が無限大ではないため、Aの貨幣をAに重ねるということはしない)
・ T=10とする。(フラクタルの回転周期を10とする)
・ t:0 〜10 の間の金利を0と仮定する。

 時間 t =1 において、Aの貨幣0.1を(B〜J)の9人に平等に重ね合わせます。
 (1人に0.1 ÷9 =0.111・・を重ねる)。  
 次に t = 2 において、Bの貨幣1.111・・を他の9人に平等に重ね合わせます。
 以下、同様にt=10 まで続けます。

 使用した貨幣の現在価値は1です( Y( 0 ) =1 )。 
 これに対し、将来CFは1.681になります(Y(10) −Y( 0 ) =1.681 )
 (人数を増やす等、より正確にシミュレーションすると、将来CFは(e−1)= 1.718・・になります)

 重ね合わせにより、複数回使われる貨幣が発生しています。
 その分 Y (10) の値が2 ( Y ( 0 ) +1 ) よりも大きくなります。

 t : 0 〜10 の間の金利が0なので、将来CFの現在価値は(現在の算出方法では)1.681になります(将来CFにDF(ディスカウントファクター)1を掛ける)。
 本来の現在価値である1と比べて、0.681だけ過大に算出されることになります。

 この差0.681がバブルの原因なのです。将来CFの現在価値が過大に算出されています。この過大な現在価値が金融商品として売買されていますが、元々価値が無いため、何らかの原因で突然消えたように見えるのです。
 (大型倒産等による景気悪化で、将来CFの現在価値の過大な部分が消えるように見えるのです)
 将来CFの現在価値算出方法の誤りが不景気等により表面化した状態を、バブル崩壊と呼んでいます。しかし、これは不思議な現象でも解決不可能な問題でもありません。
 将来CFの現在価値算出時にY(t)による貨幣増加の影響を除去し、正しく現在価値を算出すればいいのです。( Y(−t ) を将来CFに掛ければいいのです )
 現在価値を正しく算出すると、現在誰かが保有している貨幣になります。これを売買することはできません。ですから、将来CFの売買は理論的に不可能なのです。

 将来CFの売買を全て禁止することが、バブル発生防止に必須なのです。ですから、将来CFの売買は禁止しなければならないのです。

(2009.8.14 午後10時 記載)
前ページ  次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.