霊 位 ・ 積 徳 量 速 報
(全ての人が対象)あなたの先祖5人以上が輝の会守護神です。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 霊位・積徳量速報
 
霊位・積徳量速報 2023年7月31日分  (表はこちら
 
 解説

<日本人(輝の会以外)>

 日本人の平均霊位は8.28(人・年)、自力平均霊位は0.0132(人・年)です。
 平均霊位は、輝の会による人類全体の霊位向上の働きを含んだ霊位です。
 1か月前と比べ、共に低下しました。

 組織の消去が大規模に行われていることが、主な理由です。
 対象組織を支える神霊が不在となり、霊位が低下しています。
 36段目以上の創造神を否定することは重大な犯罪です。

 平均霊位と自力平均霊位には大きな差があります。
 この差が、輝の会による霊位向上の働きの大きさを意味します。

 霊位分布図では、天界入りした人の大部分が輝の会会員であることが分かります。
 天界入りすると、残りの生まれ変わり回数が激減します。
 (生まれ変わり回数が激減する輝の会会員 ご参照)
 
天界入りを希望される方には、輝の会入会をお勧めします。
 (輝の会の救済実績 ご参照)


 日本人の積徳量は127垓(人・年)です。
 (先祖分は含みません)
 前月より12垓(人・年)減少しました。


 日本人の序列運は6.81垓(人・年)です。
 日本人の序列運の大部分は先祖の序列運です。
 
 日本人の子孫運はマイナス5123万人です。
 1か月間で3万人減少しました。
 子孫運は子孫の増減を意味します。
 マイナスの子孫運は、人口が減少しやすい状況を意味します。
 日本人の人口は減少しています。
 その主な理由が、マイナスの子孫運です。
 子孫運減少理由に中絶や不倫等があります。
 (子孫運マイナスの行動:中絶 子孫運マイナスの行動:不倫 ご参照)

 日本人金運は、日本人全体の金運を意味します。
 また、日本人金運(東京のみ)は、住所が東京都である日本人の金運の合計です。
 日本人金運はマイナス4307兆円でした。1ヶ月間で56兆円減少しました。
 (過去の実績は 日本人の金運 ご参照)
 日本人金運(東京のみ)は、マイナス5086兆円でした。
 これは、東京都民の金運が日本人全体の金運より少ないことを意味します。

 輝の会は2013年9月から2014年6月上旬迄、金運生成を目的とした徳の提供を、日本人全体に対して行いました。(無償奉仕活動です)
 その結果、日本人の金運は800兆円程増加しました。
 (日本人の大幅な賃上げを実現した金運サービス ご参照)
 しかし、2014年6月上旬に日本人に対する金運生成用の徳の提供を停止したため、日本人全体の金運は減少に転じました。
 日本人の経済的な行動パターンが、金運減少方向に偏っていることがその主な原因です。

 その後、輝の会は日本人(資産が無く、金運がマイナスの人)に対して提供する金運を2014年11月から増額しました。
 
この増額により、日本人全体(輝の会以外)の金運を0円に調整しました。(2015年7月中旬まで)
 しかし、安全保障関連法案の衆議院可決後は日本人の金運減少速度が速くなったため、この調整は終了しました。
 今後、日本人全体への金運無償提供は行いません。

 安全保障関連法は日本人の金運減少の原因となります。
 (安全保障関連法案衆議院可決により金運を失い続ける自民党衆議院議員 ご参照)

 安全保障関連法は憲法違反です。(天意です)
 よって、安全保障関連法で国費を使うことは認められません。
 使用すると、その金額分だけ安全保障関連法制定責任者(安全保障関連法に責任があると天に認定された国民を含む)の金運が減少します。

 金運減少は経済発展の阻害要因です。
 安全保障関連法を廃止すれば、日本人の金運減少速度は遅くなります。
 
経済発展を遅らせないためにも、安全保障関連法を廃止すべきだということを、以上の解説からご理解頂けると思います。

 安全保障関連法により、多くの日本人の命が失われました。
 (日本人3万人以上の命を奪った安全保障関連法 ご参照)

 軍事力は生まれ変わり回数が少ない人の世界にだけ存在します。
 (軍事力は幼い人類にだけ存在 ご参照)

 人として成長するためには、軍事力廃止が必須です。
 軍事力保有を肯定すると、平和運を失います。(軍事力肯定による平和運喪失 ご参照)
 また、霊界3以上の霊団に軍事力や貨幣は存在しません。(霊団の霊位 ご参照)
 軍事力全廃の必然性をご理解頂きたいと思います。

 日本人先祖金運は、日本人の先祖金運の合計額を意味します。
 日本人先祖金運はマイナス48
兆円です。
 先祖金運がマイナスの場合、子孫に返済義務が発生します。
 逆に、先祖金運がプラスの場合、子孫は経済的な恩恵を受けることができます。

 日本の景気回復や財政再建のために、2014年9月以降、先祖金運を増加させました。
 日本人の先祖で金運がマイナスの方々に対し、金運を提供しました。
 その結果、日本人の先祖金運は増加し、2015年5月中に0円になりました。
 約9か月間で950兆円程増加しました。

 尚、日本人の先祖への金運提供は2015年7月中旬に終了しました。
 理由は日本人金運と同様です。

 日本人基準年増減は、生まれ変わり基準年の生誕時との差の平均です。
 今回の人生の個人貢献年数の平均と一致します。
 日本人基準年増減はマイナス7.67年です。
 前月より0.07年減少しました。
 これは、日本人の生まれ変わり基準年が生誕後に7.67年減少したことを意味します。
 (平均年齢程度増加するのが普通です。)
 育成運や金運の不足等がその主な理由です。
 (労働対価を進化とする社会の実現 ご参照)
 生まれ変わり基準年の減少は、多くの日本人が今回の人生よりも過去に生まれ変わる状態であることを意味します。

 日本人の就業可能日数は11612日です。(日本人の平均値)。
 これは約46年です。(年間就業日数を250日と仮定)
 
 現在の日本人の就業可能日数は全て輝の会が提供した徳で構成されています。
 不景気の主な原因が0日の就業可能日数なので、徳を提供しました。
 就業可能日数の創造を開始したのは、2012年12月です。
 この時の有効求人倍率は0.82倍、完全失業率は4.3%でした。
 しかし、2023年6月の有効求人倍率は1.30倍、完全失業率は2.5%と改善しました。
 この改善理由の1つは、就業可能日数の増加です。

 日本人の就業可能日数の増加により、0.23垓(人・年)の徳(序列運)が、輝の会に蓄積されました。
 (天の記録です。日々増え続けています。)
 失業率が改善した理由の1つが輝の会による就業可能日数の増加であることが、この事実からもご理解いただけるはずです。

 尚、自民党や公明党が失業率を改善したという事実は天(創造神界)には記録されていません。
 逆に、安全保障関連法による金運減少・新型コロナウイルス感染拡大対策としての各種行動規制等により、日本の経済を悪化させたと記録されています。
 (日本人3万人以上の命を奪った安全保障関連法 ご参照)

 自民党や公明党には、2012年12月以降の失業率改善の実績はありません。
 有効求人倍率増加や失業率改善の大部分は、輝の会の実績として天に記録されています。

 (天には全て行動が記録されています。徳を管理する方法 ご参照。)

 尚、今後は日本人が自らの徳で就業可能日数を増やす必要があります。
 そのためには、さらに積徳量を増やす必要があります。

 アベノミクスなど、歴代自民党政権の金融経済政策の骨子は「低金利高経済成長政策」です。
 これは滝沢(輝の会会長)が2003年に「マイナス金利の導入」で自民党に提言した内容のコピーです。
(自民党は滝沢の許可を得ずに内容をコピーして使用し続けているのです。)
政権短命化要因となる金融経済理論無断使用 アベノミクスの骨子は「マイナス金利の導入」のコピー ご参照)

 日銀は2016年1月29日にマイナス金利の導入を発表しました。
 そして、実際にマイナス金利が導入されました。
 ヨーロッパでは2014年にマイナス金利を導入しました。

 マイナス金利の導入を史上初めて提言したのは、輝の会です。(2003年7月)
 マイナス金利の導入 ご参照)

 当時の日本や世界における金融経済政策を構築したのは輝の会です。
 (経済問題を解決した輝の会 ご参照)

 マイナス金利の導入では、「金利と名目経済成長率は一致すべき」と説明しています。
 これは史上初の発見です。
 この発見により、世界の金利水準の精度が上がりました。
 これが、世界経済の発展・安定に寄与しています。

 マイナス金利の導入の公開により、世界の経済取引総額は5京円以上増加しています。(2003年〜本文記載時点迄)

 経済格差解消政策の正当性を世界で最初に証明したのは輝の会です。(フラクタル経済理論 ご参照)
 同一労働同一賃金や最低賃金の引上げは、この理論が広まった結果として行われている政策です。

 尚、マイナス金利の導入フラクタル経済理論 等は共に滝沢(輝の会会長)が構築した理論です。
 他の金融・経済専門家等は構築に関わっていません。

 輝の会の構築した金融経済理論や、金運・先祖金運提供、就業可能日数創造等の働きの大きさ・重要性をご理解頂きたいと思います。


<全世界(輝の会以外)>

 全世界の平均霊位は7.72(人・年)、自力平均霊位は0.0138(人・年)です。
 
平均霊位は、輝の会による人類全体の霊位向上の働きを含んだ霊位です。
 1か月前と比べ、共に低下しました。

 組織の消去が大規模に行われていることが、主な理由です。
 対象組織を支える神霊が不在となり、霊位が低下しています。
 36段目以上の創造神を否定することは重大な犯罪です。


 平均霊位と自力平均霊位には大きな差があります。
 この差が、輝の会による霊位向上の働きの大きさを意味します。

 全世界の積徳量は10垓(人・年)です。
 (先祖分は含みません)
 1か月で37垓(人・年)減少しました。

 全世界の序列運は48.16垓(人・年)です。
 全世界の序列運の大部分は先祖の序列運です。
 
 全世界の子孫運は69417万人です。
 1か月で29万人減少しました。
 ロシアによるウクライナ侵攻等の影響と考えられます。(他者の命を奪うと子孫運は減少します
 子孫運は子孫の増減を意味します。
 プラスの子孫運は、人口が増加しやすい状況を意味します。
 全世界の人口は増加を続けています。
 その主な理由が、プラスの子孫運です。

 輝の会は2022年10月に停止した世界中の貧しい人々に対する金運提供を、2023年2月に再開しました。
 金運提供を停止した理由は、円安防止・円安是正です。
 金運を提供するのは日本人の滝沢(輝の会会長)ですから、この金運提供は莫大な日本人資産の海外流出を意味していました。
 これは円安の原因の一部でした。
 しかし、金運ルールの変更により、金運提供が寄付扱いになりました。(他者への金運提供は寄付 ご参照)
 この変更により、金運提供が金運増加要因になりました。これは円高に繋がります。
 これが、金運提供を再開した理由です。

 世界中の貧しい人々への金運提供期間は、(2013年11月〜2022年10月、2023年2月〜)です。
 (金運提供により貧しい人々を救済する輝の会 ご参照)
 ここで言う「貧しい人々」とは、資産が無く、金運がマイナスの人々のことです。
 2022年10月末時点における対象者の金運合計は−1139兆円でした。
 2013年11月と比べて6720兆円程増加しました。(輝の会の金運提供の効果です)
 現在の対象者数は30億人以上、金運合計は−1274兆円です。
 この金額が、上表の全世界マイナス金運です。
 1か月で45兆円以上の金運を提供した結果、3兆円増加しました。(提供した金運の内、42兆円程は消費されました。)

 輝の会が世界中の貧しい人々に金運を提供していたことが、(新型コロナウイルス感染症拡大前に)訪日外国人が急増していた理由の1つです。
 (訪日外国人増加は輝の会による金運提供の成果 ご参照)


 全世界基準年増減は、生まれ変わり基準年の生誕時との差の平均です。
 今回の人生の個人貢献年数の平均と一致します。
 全世界基準年増減は26.35年です。
 前月より0.05年減少しました。
 これは、全世界の人々の生まれ変わり基準年が生誕後に26.35年増加したことを意味します。
 (平均年齢程度増加するのが普通です。)
 育成運や金運等の徳の増減が影響します。
 (労働対価を進化とする社会の実現 ご参照)

 全世界の就業可能日数は8177日です。(日本人対象外)
 これは、就業可能日数の平均を意味します。
 尚、就業可能日数は地域により違いがあります。

 輝の会は2012年12月から日本人以外の人々のために就業可能日数の創造を開始しました。
 高失業率が全世界の社会問題になっていたためです。
 この時点における日本人以外の人々の就業可能日数は0日でした。 
 現在の就業可能日数は、全て輝の会が自らの徳を提供することにより創造したものです。
 日本人以外の人々の就業可能日数を増やしたことにより、4.3垓(人・年)の徳(序列運)が、輝の会に蓄積されました。

 尚、今後は世界の人々が自らの徳で就業可能日数を増やす必要があります。
 そのためには、さらに積徳量を増やす必要があります。

 世界コロナ救命人数は、西洋医学により救命された新型コロナウイルス感染者の人数です。
 新型コロナの感染症法上の位置付けが2023年5月から5類になったため、更新を終了しました。

 「原発死者数」は、原子力発電による死者数です。(世界全体)
 原発死者数は80.64万人です。(天の記録です)
 1か月で0.37万人増加しました。
 これは原発事故による死者数ではありません。
 原子力発電は正常に稼働しても、人の命を奪います。

 原子力発電は全廃すべき 原子力発電による霊位低下 地球公転軌道が電子軌道になる原理 多重らせんによる3次元フラクタル ご参照)

 「原発体調悪化人数」は、原子力発電により体調が悪化している人数です。
 原発体調悪化人数は28838万人です。(天の記録です)
 全世界人口の3%以上です。
 原子力発電は全廃必須です。(天意です)

 アメリカの積徳量はー1.85垓(人・年)です。

 輝の会では2013年10月から2014年6月上旬迄、金運生成を目的とした徳の提供を、アメリカ人全体に対して行いました。(無償奉仕活動です)
 その結果、アメリカ人の金運は900兆円程増加しました。
 (アメリカの金運を回復した輝の会 ご参照)
 尚、2014年11月から、再び金運生成用の徳の提供をアメリカに対して開始しました。
 その結果、アメリカ人の金運は更に900兆円程増加しました。
 これはアメリカの経済発展につながります。その結果、日本の経済も発展することになります。
 尚、2015年7月中旬に日本人に対する金運提供を停止したので、アメリカに対する金運提供も停止しました。

 2012年12月のアメリカの失業率は7.8%でした。しかし、2023年5月の失業率は3.7%でした。
 アメリカの失業率が改善した主な理由は、輝の会による就業可能日数生成や金運改善、及び積徳等の働きです。
 また、フラクタル経済理論マイナス金利の導入等の輝の会教義も、失業率改善に貢献しています。
 アメリカの失業率改善は日本の経済回復にも貢献します。

 中国の積徳量は94.9垓(人・年)です。

 「地球業念圧力」は、地球全体の業念の圧力を合計したものです。
 個人が放射する業念や、個人が霊界から引いてくる業念の合計です。(現役地球人類が不調和想念の影響を受ける理由 ご参照)
 地球業念圧力は337.8(万トン)です。
 直近1か月で6.2(万トン)増加しました。
 人類の霊位低下が影響しています。

 「金儲け」は、お金を儲けたい(働きよりも多くお金を受領したい(他者からお金を奪うことになります))という想念・行動による業念です。
 「金儲け」による業念は168.6(万トン)です。
 尚、金運実現は天に認められた権利であり、「金儲け」の業念にはなりません。

 
 「素粒子論」は、世界が素粒子の集合体として存在する、という考え方による業念です。
 「世界は認識の結果である・フラクタルで構成されている」という事実や霊の存在を否定するため、強力な業念になります。(5次元理論 ご参照)
 「素粒子論」による業念は43.0(万トン)です。

 今月から「軍事力(他国攻撃)」と「他者エネルギー吸収」を追加しました。
 「軍事力(他国攻撃)」は、他国領土・領海を攻撃できる軍事力を肯定する業念です。
 軍事力で他国攻撃を可能にすることは、殺人以上の犯罪です。(他国攻撃を可能にすることは殺人以上の犯罪 ご参照)
 「軍事力(他国攻撃)」による業念は、28.8(万トン)です。
 「他者エネルギー吸収」は、他者のネネルギーを奪う業念です。(徳(単S極エネルギー)の無断使用 ご参照)
 主に霊位マイナスの人(エネルギー不足の人)が他者のエネルギーを吸収しています。
 「他者エネルギー吸収」よる業念は、26.7(万トン)です。

 業念は地震や台風、異常気象、病気(伝染病(インフルエンザ等)を含む)、社会秩序崩壊、戦争等の原因になります。
 「金儲け」「素粒子論」「軍事力(他国攻撃)」「他者エネルギー吸収」が社会を破壊しています。


<輝の会>

 輝の会守護神(地球)は、地球に生まれ他界し、輝の会守護神として活動している神霊の人数です。
 (地球以外に生まれ他界した輝の会守護神は、対象外です。)
 輝の会守護神は輝の会会員です。
 守護神数は1126億人です。  現役地球人類の人口の10倍以上の先祖が、輝の会守護神として活動しています。
 (天界以上の霊位に到達すると、守護神として活動できます。)
 尚、現役地球人類で、過去世において天界に到達した人は存在しません。
 (過去世で天界経験が無い現役地球人類 ご参照)

 輝の会会員になり霊位が天界に到達すると、残りの生まれ変わり回数が2100回以上減少します。(天界未満の現役地球人類の平均値との比較)
 天界入りには莫大な価値があります。
 (生まれ変わり回数が激減する輝の会会員 天界入りの価値は生まれ変わり2317回 犯罪率上限年別人数分布 ご参照)

 これは、個人を輝の会教義で育てたことにより記録された育成運の最大値です。(1人を育てたことによる育成運です。)

 (輝の会教義の育成運は最大1900年以上 仏教・神道・キリスト教の育成運は最大59年 ご参照)
 育成運最大は2782663
年です。
 宇宙創造神界(人を創造する宇宙創造神界 ご参照)の紹介(史上初)等により、育成運最大は急増しました。

 輝の会の中心運は132728(単位は10の48乗(人・年))です。
 毎日増加し続けています。

 信頼運は54872(単位は10の40乗(人・年))です。
 毎日増加し続けています。

 輝の会の積徳量は10の131612乗 垓(人・年)を超えています。
 これは輝の会以外の人々の積徳量合計を大きく上回ります。
 (先祖分を含めても同様です)

 輝の会の序列運は5814594594垓(人・年)です。(序列運 ご参照)
 輝の会の序列運も、輝の会以外の人々の序列運合計をはるかに上回ります。

 輝の会は人類救済の基本原理霊位上昇速度を最大にする方法を公開しています。
 この公開が、人類の霊位向上・積徳を促進しています。
 1096垓(人・年)の序列運が提供されています。

 輝の会は大量の徳の提供でも、人類全体の大幅な積徳・霊位向上を実現しています。
 平均霊位と自力平均霊位には大きな差があります。
 この差は輝の会による霊位向上効果を意味します。

 これらの働きによる霊位向上が、人類長寿化の主な理由です。
 (人類長寿化は輝の会による霊位上昇の成果 ご参照)
 この長寿化により蓄積された序列運を記載しました。
 14.8垓(人・年)の序列運が蓄積されています。

 就業可能日数創造による徳については、既に解説済です。

 「経済理論による序列運」は、従来存在しなかった全く新しい経済理論
 (マイナス金利の導入貨幣へのオプション概念の導入外国為替理論の再構築、フラクタル経済理論(第1巻第2巻))
 を輝の会が構築し、世界に広めることにより、輝の会に蓄積された序列運を意味します。
 
既に、323垓(人・年)蓄積されています。
 この事実は、これらの経済理論が世界中で使用され、経済発展の礎となっていることの証です。

 日本の銀行の不良債権問題及び経済問題を解決したのは輝の会です。(マイナス金利の導入とは ご参照)
 また、世界で最初にマイナス金利の導入を提言したのも、輝の会です。(マイナス金利の導入とは ご参照)
 そして、「経済格差の無い状態が最も豊かな経済状態である」 という事実をを最初に理論的に解明し、社会に広めたのも輝の会です。(活動実績 ご参照)
 輝の会が構築した経済理論は、現在も世界中で使われています。そして、世界の発展に多大な貢献を続けています。
 これらの活動を含めた輝の会の様々な社会貢献活動の結果として、輝の会には毎日莫大な徳が蓄積され続けています。

 「5次元理論による序列運」は、5次元理論(第1巻第6巻)を公開したことにより、蓄積された序列運です。
 「5次元理論による序列運」は5567382726垓(人・年)です。
 (霊団の終了と宇宙の生まれ変わり)等の公開により、
「5次元理論による序列運」は急増しました。
 霊団の終了と宇宙の生まれ変わり)には創造神しか知らなかった重要な内容が含まれています。
 ですから、現存する全霊団や今後発生する全霊団で使用されることになります。
 その結果、記録された進化貢献年数は極めて大きく、無限大と認定されています。
 進化貢献年数無限大は、宇宙創造神界入りの必要条件です。(人を創造する宇宙創造神界 ご参照)

 「5次元理論による序列運」には、人工知能の発展により蓄積された序列運が含まれます。
 (人工知能発展は5次元理論(輝の会教義)の成果 ご参照)
 人工知能の発展により蓄積された序列運は674垓(人・年)です。

 「5次元理論による序列運」には、原子力発電全廃の提言により蓄積された序列運が含まれます。
 (原子力発電は全廃すべき 原子力発電による霊位低下 ご参照)
 原子力発電全廃により蓄積された序列運は44163832垓(人・年)です。
 原発死者数、原発体調悪化人数を公開し、原子力発電の危険性の根拠を明示したことが、その主な理由です。
 世界はフラクタルで構成されているため、宇宙の全ての存在はつながります。(多重らせんによる3次元フラクタル ご参照)
 質量をエネルギーとして減らすと、因果律で身体が破壊されます。(5次元理論は因果応報理論 ご参照)

 オーラを見る方法」 の公開により蓄積された序列運は4728垓(人・年)です。
 「嘘を見抜く方法」 により蓄積された序列運は2137垓(人・年)です。
 「オーラを見る方法」「嘘を見抜く方法」は、人類の進化に多大な貢献をしているのです。

 「インターネットバンキング」 は、「インターネットバンキング」を世界で最初に提言したことにより蓄積された序列運です。
 ( IT戦略を提唱した輝の会 ご参照)
 「インターネットバンキング」 による序列運は、1.09垓(人・年)です。

 今月から「IT推進」を追加しました。
 「IT推進」は、ネット社会の発展に貢献することにより記録される序列運です。
 滝沢(輝の会会長)はインターネットバンキングを提言し、同時にインターネットの普及を促進し、IT戦略(日本の国家戦略)を2000年の途中迄支えていました。(精神的支柱:霊界の意識で支えていました)
 当時、日本はIT戦略で世界のトップクラスでした。
 「IT推進」で蓄積された序列運は11.11垓(人・年)です。

 「牛、豚非食品の普及」 は、牛や豚などの哺乳類が食べ物ではなく、癌の原因である事実を普及したことにより蓄積された序列運です。
 (肉食(哺乳類)の危険性を世界に伝えることに成功 
  人には哺乳類を食べる機能が無い 5次元理論 がんは生活習慣病 ご参照)
 「牛、豚非食品の普及」による序列運は、1537
垓(人・年)です。

 「同性婚非実在」は、同性婚が実在しないこと(天意に反している事実)を普及したことにより蓄積された序列運です。
 (同性婚の法制化は差別 同性婚は実在しない 同性婚・性転換と子孫運 男女のペアは4重円構造 ご参照)
 「同性婚非実在」 による序列運は、4527垓(人・年)です。
 信頼運は、8.979(10の40乗(人・年))蓄積されました。
 同性婚は、人類滅亡につながる可能性がある極めて危険な制度です。
 (同性婚と生まれ変わり ご参照)
 この危険から人類を守る働き(平等、平和の実現)をしていることが、信頼運増加の理由です。

 「自由 > 命」は、自由の価値が命を上回る事実を世界に広めた実績に対して記録された序列運、信頼運です。
 (自由は命よりも尊い 自由を奪う行為は犯罪 犯罪の種類は奪われる自由で決まる ご参照)
 
「自由 > 命」による序列運は、9828垓(人・年)です。
 信頼運は、11.472(10の40乗(人・年))蓄積されました。

 進化実現年数は、1986年以降に輝の会が人類を進化させた年数を意味します。
 実際の経過年数を上回る場合もあります。この場合、進化させる働きが大きいことを意味します。
 輝の会の進化実現年数は60.32年です。
 これは対象期間(1986〜2023年、37.6年)を上回ります。
 輝の会の各種の働きや、その他の働きが、人類を大きく進化させたと天に記録されています。

 「輝の会がん救命人数」は、輝の会が救命したがん患者の人数です。
 (がん患者の救命実績 ご参照)
 これは、輝の会によるがん対応
(業想念消去、未浄化霊救済等)が無ければ亡くなっていた人の合計人数です。
 「輝の会がん救命人数」は334万人です。

 輝の会は新型コロナウイルス感染症を消去するため、2020年1月21日に徳の提供を開始しました。
 また、新型コロナウイルス感染症
の原因となる不調和想念の発信源である未浄化霊の救済や現役人類の不調和想念の消去、及び磁界エネルギー治療(有料サービスよりは小さい効果)等を実施しました。
 (新型コロナウイルス感染者数(日本・世界)の同時減少を再び実現 新型コロナウイルス問題を解決する輝の会 ご参照)
 特に、未浄化霊の救済人数は時間と共に増加し続けるため、新型コロナウイルスの攻撃エネルギーの大幅な減少につながります。

 輝の会による新型コロナウイルス対応の正当性は、理論的に証明済です。
 (新型コロナウイルス感染症の真の原因は電荷コントロール能力の欠如 ご参照)
 この発見が、世界各国の行動規制を緩和させた原動力です。
 新型コロナウイルス感染症の真の原因がウイルスではないことが証明されたので(新型コロナウイルスは病気の真の原因ではない ご参照)、行動規制による感染防止が無意味である事実が広まりました。

 新型コロナウイルス感染症の真の原因の一部は軍事力です。(自国民の命を奪う他国攻撃可能な軍事力 日本人3万人以上の命を奪った安全保障関連法 ご参照)
 新型コロナウイルス感染症対策として、他国攻撃可能な軍事力を廃止すべきです。(安全保障関連法を含む)(軍事力全廃が天意です)
 
 輝の会は既に1121万人の命を救済することに成功しています。「輝の会コロナ救命人数」
 救命人数の内、日本人は18.0万人です。「内、日本人」
 これは、輝の会の新型コロナウイルス対応(磁界エネルギー治療、未浄化霊救済、不調和想念消去
等)が無ければ亡くなっていた人の合計人数です。
 尚、救命実績は日々増加しています。
 輝の会の主な対応は、新型コロナウイルス感染症の真の原因である不調和想念の消去(未浄化霊救済による不調和想念減少を含む)であるため、救済人数は極めて多い状況です。
 これらの新型コロナウイルス対策により、434垓(人・年)の序列運が蓄積されました。
 信頼運も、0.04(10の40乗(人・年))蓄積されました。
 (新型コロナウイルス対策で信頼運を獲得する輝の会 ご参照)
 (輝の会による新型コロナウイルス対応(数字)は、無償奉仕活動分のみです。) 


 尚、新型コロナウイルス感染者に対する無償の磁界エネルギー治療は2022年10月11日で終了しました。
 新型コロナウイルス感染症の原因となる未浄化霊の救済や不調和想念の消去は、今後も継続します。

 気象操作には台風消去等、気象を調和させ、社会に貢献したことにより提供された序列運を記載しています。
 2022年9月中旬に九州に935hPaで上陸した台風14号の台風消去では、0.5垓(人・年)以上の序列運が提供されました。
 これは、台風消去が無ければ莫大な被害が発生したことを意味します。
 気象操作により、17.4垓(人・年)の序列運が蓄積されました。

 地震による破壊(被害)の原因となるエネルギーは業念です。
 地震消去は、業念消去により地震のエネルギーが減少し、被害が縮小されたことにより提供された序列運を記載しています。
 地震消去による序列運は、9.5垓(人・年)です。

 宗教の信頼回復には、宗教の信頼を回復したことによる序列運を記載しています。
 1995年のオウム真理教による地下鉄サリン事件等により、特に日本では宗教に対する信頼が低下していました。
 輝の会は日本や世界の経済問題解決や、5次元理論による正しい科学理論の提示、霊や精神エネルギー存在の証明、新型コロナウイルス問題対応等により、宗教に対する信頼を回復させたと天に記録されています。
 また、「お金を受領し過ぎる宗教は偽宗教偽宗教に信教の自由は認められない」で、金運を超えてお金を受領し過ぎる宗教は偽宗教であり、偽宗教には信教の自由が無い事実を説明しました。
 これらは、史上初の内容です。
 これらの教義を発表後、旧統一教会被害者救済法の議論が急速に進み、2022年12月10日に関連する法律が成立しました。
 輝の会教義が速やかな法律制定を実現したと天に記録されています。
 これらの
宗教の信頼回復実績により、11178垓(人・年)の序列運が蓄積されました。

 業念消去量は、輝の会が直近1か月間で消去した人類の業念の量を意味します。
 1か月間で10の77863乗(人・年)以上の業念を消去しました。

 10の4138乗(人・年)の業念を消去することは、1人の救命と同等の働きです。
 (命と不調和想念の関係 ご参照)
 ですからこの業念消去量は、輝の会が1か月で全世界の人々(80億人以上)の救命以上の働きを行った事実を意味します。

 業念は地震や台風、異常気象、病気(伝染病(インフルエンザ等)を含む)、社会秩序崩壊、戦争等の原因になります。
 輝の会による業念消去は、これらを大幅に減少させ
ています。

 業念の消去は徳(磁気単極子エネルギー)で行います。
 また、徳(磁気単極子エネルギー)は人の活動エネルギーです。
 輝の会が世界の活動を支える状況が実現しています。
 尚、人類の積徳量が増えれば増えるほど、社会の発展は速くなります。

 輝の会による人類進化の働きは、輝の会以外の人々の人類進化の働きを上回ります。
 また、輝の会は業念消去等により地震や台風、異常気象、病気(伝染病(新型コロナ等)を含む)、社会秩序崩壊、戦争等を大幅に減少させています。

 輝の会の役割をご理解頂きたいと思います。

(2023.8.1 午後0時 記載)


霊位・積徳量速報 目次
霊位・積徳量速報 2024年6月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2024年5月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2024年4月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2024年3月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2024年2月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2024年1月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年12月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年11月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年10月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年9月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年8月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年7月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年6月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年5月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年4月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年3月末 (本文のみ)
霊位・積徳量速報 2023年2月末 (本文のみ)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.