育 成 運
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 育成運

進化貢献年数を構成する育成運

 進化貢献年数進化実現年数)を構成する徳の86.3%は、育成運です。
 (過去の実績)

 進化貢献年数は、時間の経過と共に進化実現年数になります。
 (常識になれば進化実現年数になります)
 ですから、進化貢献年数と進化実現年数を構成する徳は同等です。

 
 

 上図は進化貢献年数(b)、進化実現年数(a)、育成運の関係を表しています。
 図の横は人数を意味します。
 図の縦は進化させた年数を意味します。

 社会全体を進化させると、進化実現年数が記録されます。
 社会全体を進化させた状態を、赤で表しています。
 赤の高さ(a)が、進化実現年数になります。

 一部の人を進化させると、進化貢献年数が記録されます。
 一部の人を進化させた状態を、青で表しています。
 赤と青の高さの合計(b)が、進化貢献年数になります。
  (進化貢献年数には進化実現年数も含まれます)

 進化貢献年数の内容が常識になると、進化実現年数になります。
 これを、上図では赤と青の幅の差として表現しています。
 (赤は全体、青は一部)
 青の幅は時間の経過と共に広がります。
 全体に広がると、常識として赤になります。
 その高さは進化実現年数となります。

 進化貢献年数(進化実現年数)を構成する徳の86.3%は、育成運です。
 これは、図の赤と青の面積(進化の合計年数)の86.3%が育成運で構成されることを意味します。

 金運や序列運等も、進化貢献年数を構成しています。
 (愛され運、金運、序列運、積徳量と個人貢献年数 ご参照)
 しかし、金運や序列運等が進化貢献年数を構成する割合は、育成運と比べると低い状態です。

 以上の説明で、輝の会による進化実現年数と育成運の平均値が近い値である理由が分かります。(育成運別人数分布 ご参照)

 上図を輝の会の実績と想定します。
 進化実現年数はaです。
 育成運の平均をcとすると、cは赤と青の面積を合計し(進化の合計年数を算出)、86.3%を掛けて育成運分を算出し、更に人数で割った値です。
 (86.3%は過去の実績(平均)なので、輝の会に本来使用すべき値とは異なります)
 ですから、aとcは近い値になります。

 未来に生まれ変わるためには、生まれ変わり基準年を増やさなければなりません。
 生まれ変わり基準年を増やす方法は、個人貢献年数(進化貢献年数÷431億)を増やすことです。
 個人貢献年数の86.3%は育成運で構成されるため、
 「生まれ変わり基準年を増やす効果的な方法は、育成運を増やすことである。」
 ということが分かります。

 育成運の重要性をご理解頂きたいと思います。

(2021.12.3 午後9時 記載)
前のページへ     次のページへ

育成運お申込方法
育成運お申込方法
 育成運お申込方法の説明。

育成運 目次
育成運の発見
 輝の会は育成運を発見しました。     
育成運別人数分布
 育成運別人数分布を公開しました。
子育てによる育成運
 子供を育てると育成運が記録されます。
育成運の経済的価値
 育成運の経済的価値に関する説明。
進化貢献年数を構成する育成運
 進化貢献年数を構成する徳の大部分は育成運です。
組織の育成
 組織を育てると、育成運が記録されることがあります。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.