5次元理論 第6巻
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 5次元理論 > 5次元理論第6巻
オーラを見る方法と宇宙との一体化

 オーラを見る方法では、対象物の方向を90度回転させます。
 すると、対象物の精神的なエネルギーを把握することが可能になります。

 ここでは、オーラを見る方法が成立する理論的根拠を説明します。

 私たちの意識は多重らせんで構成されています。

 多重らせん構造では、らせんが1段大きくなる度に、らせんが90度ずつ回転します。(多重らせんは90°の方向転換 ご参照)

 図は点Pを中心とする円P、点Oを中心とする円O、及び円Oの周囲のらせんで構成されています。
 円Pと円Oは直交しています。
 円Oと円Oの周囲のらせんも直交しています。

 円Pと円Oをらせんと見なして、らせんP、らせんOとすれば、らせんP(大らせん)、らせんO(らせん)、らせんOの周囲のらせん(小らせん)、は3重らせんになります。
 これらの3種類のらせんは、大らせん、らせん、小らせんを構成します。

 らせんPとらせんOの周囲のらせんは、同方向のらせんです。
 らせんOは、この2種類のらせんに直行しています。

 らせんOは、らせんOの周囲のらせんの認識主体(内面意識)です。
 (らせんOかららせんOの周囲のらせんを認識します)

 例えば、らせんOの縮退により、らせんOの周囲のらせんは電子として認識されます。(2重円構造らせん形 ご参照)

 オーラを見る方法は、通常の認識における認識主体(内面意識)を認識する方法です。(認識主体の方向とオーラの方向が一致するためです)
 ここでは、らせんOを認識することが、オーラを見ることです。

 そのためには、らせんOを認識客体にし、らせんOの中心軸であるらせんPを認識主体とすればよいのです。
 (らせんPかららせんOを認識します)

 通常の認識の認識主体であるらせんOと、オーラを見る際の認識主体であるらせんPは直交しています。
 この状況は、認識の方向を90度回転させることにより、オーラ(内面意識)を認識できることを意味します。

 以上で、オーラを見る方法が成立することが証明されたことになります。

 尚、通常の認識の認識主体であるらせんOと、オーラを見る際の認識主体であるらせんPは、らせんと大らせんの関係にあるため、大きさがまるで異なります。
 らせんOが人の大きさだとすれば、らせんPは宇宙大の大きさです。

 ですから、自分自身の意識を宇宙大に拡大すると、認識主体がらせんOかららせんPに移ります。
 その結果、認識の方向が通常の認識と比べて90度回転します。
 すると、意識の方向(認識主体)が、オーラを見る方法使用時と一致します。
 
 宇宙との一体化(自分自身の意識を宇宙大に拡大する)を繰り返し行うと、オーラを見る方法を使う能力が高くなります。
 その理由は、宇宙との一体化による認識主体の方向が、オーラを見る方法と一致することです。

 オーラを見る方法と宇宙との一体化には、このような共通点があります。

 ご理解頂きたいと思います。

(2022.4.11 午後9時 記載)

前のページへ     次のページへ

5次元理論 第6巻 目次
未来を見る方法
 未来を見る方法の理論的解説。               
未来はフラクタル
 未来がフラクタルであることを解説。               
2種類の未来を見る方法
 未来を見る方法は大別して2種類あります。               
創造神界の段階の意味
 創造神界の段階は、点を空間として認識できる回数を意味します。
男女の違い
 男性と女性では、意識の回転方向が異なります。
分離と融合(2)
 つながっている情報が離れて見えることが、「分離と融合」です。
人と物をつなぐ見えない意識
 見えない意識で、全ての物(認識結果)と私たちはつながっています。
認識像は半球構造
 世界(認識像)は半球構造です。
5次元理論は因果応報理論
 5次元理論は因果応報理論です。
霊位・想念・磁荷・電荷の関係
 霊位・想念・磁荷・電荷の関係を整理しました。
業想念による台風強化の理論的説明
 業想念により台風が強化される理由を理論的に解説。
台風消去の理論的説明
 台風を消去できる理由を理論的に解説。
霊団の霊位ー見えない霊団の存在
 霊団の霊位に関する解説。大部分の霊団は目で見えない世界に存在します。
オーラを見る方法
 オーラを見る方法の解説。
オーラを見る方法と宇宙との一体化
 オーラを見る方法と宇宙との一体化の共通点を解説。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.