5次元理論 第6巻
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 5次元理論 > 5次元理論第6巻
2種類の未来を見る方法

 内面の空間(未来)はフラクタルで構成されていると説明しました。
 未来のフラクタルを認識するためには、霊位を創造神界に到達させる必要があります。

 創造神は原子核を創造できると説明しました。
 (霊位と創造内容の関係

 内面のフラクタルを認識するためには、原子核を認識する必要があります。
 創造神は原子核を認識可能ですが、天界以下の神霊には認識できません。

 ですから、天界以下の霊位では、内面のフラクタル構造(未来の階層構造)を認識することはできません。

 以上の説明で、未来を見る方法は大別して2種類あることが分かります。

1.フラクタルを使い、ある点を複数回認識する方法。(創造神のみ使用可)
  フラクタルを繰り返し使い続ければ、極限の未来まで把握することが可能です。

2.内面の空間(未来)中の点の内部を把握しない方法。
  ある点を認識するのは1回のみです。
  把握できる未来は、1と比べて極めて短い期間となります。

 霊位と把握できる未来の関係 に記載した内容は、2 の方法で未来を把握できる期間を意味します。
 1 の方法を使用すれば、更に未来の状態を把握可能です。

 また、業念の量を把握する際にも、1、2の2種類の方法が存在します。
 業念が非常に多い人は、未来の長期間を使用して、業念の消去が行われます。
 短期間では、業念を消去できないためです。
 よって、来世以降で消去される予定の業念がある人等、業念が多い人の場合、1 の方法で業念を把握します。
 磁界エネルギー治療で業念の量を把握する場合も、1の方法を使用します。
 業念分布図 は1の方法で業念を把握した内容です。

 一方、霊位・積徳量速報では、2 の方法で積徳量、業念の量を把握します。
 徳は全て実現しても困らないため、遠い未来には蓄積されていません。
 また、遠い未来の業念は、社会の状況に影響しないためです。

 ですから、霊位・積徳量速報では、業念分布図に比べて業念が少なく計上されています。
 ご理解頂きたいと思います。

(2019.4.18 午後6時 記載)
前のページへ     次のページへ

5次元理論 第6巻 目次
未来を見る方法
 未来を見る方法の理論的解説。               
未来はフラクタル
 未来がフラクタルであることを解説。               
2種類の未来を見る方法
 未来を見る方法は大別して2種類あります。               
創造神界の段階の意味
 創造神界の段階は、点を空間として認識できる回数を意味します。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.