5次元理論 第6巻
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 5次元理論 > 5次元理論第6巻

創造神界の段階の意味

 霊位が創造神界に到達すると、点を空間として把握することが可能になります。
 創造神界の段階は、この点を空間として認識できる回数を意味します。

 創造神界1段目の創造神は、点を空間として認識できます。
 しかし、その空間の中の点を空間として認識することはできません。
 1回だけ、点を空間として認識できます。

 創造神界2段目の創造神は、点を空間として認識できます。
 そして、その空間の中の点を空間として認識することも可能です。
 しかし、この空間の中の点を空間として認識することはできません。
 2回連続して点を空間として認識できますが、3回連続して点を空間として認識することはできません。

 創造神界3段目より上位の創造神も同様です。
 創造神界の段階が1段階上昇すると、点を空間として認識できる回数が1回増加します。

 宇宙は多重らせんで構成されています。(2重らせん ご参照)
 2重らせんで中心軸とらせんの入替を繰り返すと、らせんが更に小さいらせんで構成される関係が無限に続きます。これが多重らせんです。

 らせんの中心軸を縮退させると、球になります。(らせん形 ご参照)
 全ての多重らせんに対して中心軸の縮退を行えば、ある球がさらに小さい球の組み合わせで構成される関係が無限に続きます。

 創造神がある点を空間として認識し、さらにその空間の構成要素の点を空間として認識できる理由は、世界が多重らせんの中心軸縮退結果で構成されているためです。
 創造神界の1段階上昇は、多重らせんの1重分だけ細かいらせんの認識が可能になることを意味します。

 尚、点が空間になり、さらにその空間の構成要素である点が空間になるという関係は、宇宙の創造に必要な回数だけ続きます。(莫大な回数です)

 創造神界の段階により、点を繰り返し認識できる回数は異なります。
 創造神界1段目の創造神は、同一点を2回連続して認識できます。
 (内面の点と、その点の内部の空間中の点の2点)
 創造神界2段目の創造神は、同一点を3回連続して認識できます。

 点の中の点は、非常に小さい存在です。
 霊位が上昇すると、認識可能な点のサイズがより小さくなります。

 これは、霊位が上昇すると、内面意識がより細かい要素で構成されることを意味します。
 霊位上昇により、より繊細なオーラ、より奥の深いオーラを放射できるようになります。

 ご理解頂きたいと思います。

(2019.4.29 午後5時 記載)
前のページへ     次のページへ

5次元理論 第6巻 目次
未来を見る方法
 未来を見る方法の理論的解説。               
未来はフラクタル
 未来がフラクタルであることを解説。               
2種類の未来を見る方法
 未来を見る方法は大別して2種類あります。               
創造神界の段階の意味
 創造神界の段階は、点を空間として認識できる回数を意味します。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.