5次元理論 第6巻
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 5次元理論 > 5次元理論第6巻

認識像は半球構造

 世界は私たちが認識した結果です。
 この認識結果(認識像)は、頭部を中心とした半球形です。
 半球とは、球の中心を通る平面で球を半分にした形です。

 視線の方向に半球を構成しています。
 後方には認識像を生成していません。

 このように、私たちの認識結果は半球形であり、球形ではありません。
 その理由は、私たちが2方向の認識を重ね合わせて、認識像を生成しているためです。

 2重円構造は、2方向の認識を重ね合わせて構成されています。
 (2方向の意識による認識処理 ご参照)

 2方向の認識結果を重ねて1方向の認識像を生成するため、空間の大きさが半分になります。
 その結果、全空間(球構造)の半分の半球構造の認識像が生成されるのです。

 「2つの目が同一方向にあるため、認識像が半球構造になる」 という考え方は誤りです。
 半球構造の認識像しか生成できないため、2つの目が同一方向にあるのです。

 認識像が半球構造であるという事実をご理解頂きたいと思います。

 尚、「認識像は半球構造」や「2重円構造」は、物理学には存在しません。
 5次元理論は、物理学よりも先進的な理論です。

(2021.5.4 午後10時 記載)
前のページへ     次のページへ

5次元理論 第6巻 目次
未来を見る方法
 未来を見る方法の理論的解説。               
未来はフラクタル
 未来がフラクタルであることを解説。               
2種類の未来を見る方法
 未来を見る方法は大別して2種類あります。               
創造神界の段階の意味
 創造神界の段階は、点を空間として認識できる回数を意味します。
男女の違い
 男性と女性では、意識の回転方向が異なります。
男女のペアは4重円構造
 男女のペアは4重円構造を構成します。
分離と融合(2)
 つながっている情報が離れて見えることが、「分離と融合」です。
人と物をつなぐ見えない意識
 見えない意識で、全ての物(認識結果)と私たちはつながっています。
認識像は半球構造
 世界(認識像)は半球構造です。
5次元理論は因果応報理論
 5次元理論は因果応報理論です。
周囲に与える影響が自分に戻る理由
 周囲に与える影響が自分に戻る理由の説明。
霊位・想念・磁荷・電荷の関係
 霊位・想念・磁荷・電荷の関係を整理しました。
業想念による台風強化の理論的説明
 業想念により台風が強化される理由を理論的に解説。
台風消去の理論的説明
 台風を消去できる理由を理論的に解説。
霊団の霊位ー見えない霊団の存在
 霊団の霊位に関する解説。大部分の霊団は目で見えない世界に存在します。
オーラを見る方法
 オーラを見る方法の解説。
オーラを見る方法と宇宙との一体化
 オーラを見る方法と宇宙との一体化の共通点を解説。
霊界は内面意識で構成される世界
 霊界や霊界で活動する身体は、内面意識で構成されています。
磁界エネルギー発生装置の強化方法・浮力の原理
 磁界エネルギー発生装置による浮力発生方法、
 より効果的なオーラ増幅方法の解説。
原子力発電による霊位低下
 霊位低下の原因である原子力発電の廃止が必要です。
惑星軌道は4重円構造
 太陽系の4惑星の公転軌道は4重円構造を構成します。
太陽のエネルギー源は惑星軌道で構成されるオーラ発生装置
 太陽のエネルギー源は、惑星軌道で構成されるオーラ発生装置です。
地球のエネルギー源はオーラ発生装置
 地球のエネルギー源は、太陽と地球の軌道で構成されるオーラ発生装置です。
惑星軌道でエネルギーを生成する金星の人々
 金星の人々は、惑星軌道を使用してエネルギーを生成しています。
距離と大きさの関係
 距離と大きさの関係の解説。
回転によるフラクタルの構成
 回転によるフラクタル構成方法の解説。
回転によるフラクタルの構成(2)
 回転による3次元フラクタル構成方法の解説。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.