新型コロナウイルス問題を解決する輝の会
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 新型コロナウイルス問題を解決する輝の会
日本人3万人以上の命を奪った安全保障関連法

日 付

武器削減運
2016.1.1 − (10の2763乗) 
2020.1.1 − (10の5316乗) 
2022.12.27 − (10の6889乗) 
※武器削減運の単位は(人・年

国 名

犠牲者数
安全保障
関連法による

割合
日 本 55550  37782  68% 
※単位は人。2022.12.27時点。

 マイナスの武器削減運は、新型コロナウイルスの活動エネルギーです。
 (新型コロナウイルス感染症の原因となるマイナスの武器削減運 ご参照)

 上表に日本の武器削減運の推移を記載しました。

 日本の武器削減運は大幅なマイナスです。
 (安全保障関連法は殺人以上の犯罪 ご参照)
 日本の武器削減運の絶対値は、安全保障関連法施行(2016.3.29)以後、急増しています。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、世界各国の武器削減運の絶対値は2020年以降減少しています。
 (新型コロナウイルス感染拡大と武器削減運の推移 ご参照)
 しかし、日本はこの期間も武器削減運の絶対値は増加しています。
 これは、新型コロナウイルス感染症の被害による武器削減運絶対値の減少を上回る程、安全保障関連法の悪影響が強いことを意味します。

 次の表に、新型コロナウイルスによる犠牲者数、及び安全保障関連法が無いと仮定する場合に、亡くならずに済んだ日本人の人数を記載しました。
 (犠牲者数はジョンズ・ホプキンズ大学ホームページによる)
 3.8万人程の人が、安全保障関連法の成立により死亡したことが分かりました。(天の記録)
 もし安全保障関連法が存在しなければ、3.8万人程の人が新型コロナウイルスで死亡せずに済んだことになります。

 以上の説明で、安全保障関連法による他国攻撃可能な軍事力の存在が、日本人の命を奪うことが分かります。

 尚、新型コロナウイルスのエネルギーの内、マスク強制分は主に感染力になります。
 命を奪うのは、主にマイナスの武器削減運です。
 (新型コロナウイルス感染症の原因となるマイナスの武器削減運 ご参照)

 アメリカやフランス等、世界の国々では、新型コロナウイルスによる死者数が2020年に比べて減少しています。
 医学や輝の会の対応のレベルアップがその理由です。
 しかし、日本では年々死者数が増加しています。
 その主な理由は、マイナスの武器削減運の絶対値の急増です。

 マイナスの武器削減運の絶対値が大きくなると、その消去過程で引き起こされる破壊の規模が大きくなります。
 その結果、死者数が増加します。

 安全保障関連法成立により、武器削減運のマイナスが拡大したため、新型コロナウイルスによる死者数が増えています。

 更に軍事力を強化すれば、被害は一層拡大します。
 (被害の内容は不確定です(他国による軍事力行使等の可能性もあります))

 以上の説明で、安全保障関連法を維持し、更に軍事力を強化することの危険性をご理解頂けると思います。

 安全保障関連法を廃止し、他国攻撃を不可にすれば、マイナスの武器削減運は記録されないため、危険性は拡大しません。

 尚、 安全保障関連法により日本人の金運は減少し続けています。
 (安全保障関連法案衆議院可決により金運を失い続ける自民党衆議院議員 ご参照)

 安全保障関連法廃止の重要性を、ご理解頂きたいと思います。

(2022.12.28 午後10時 記載)
前のページへ     次のページへ

新型コロナウイルス問題を解決する輝の会  目次
新型コロナウイルス感染者を減少させる輝の会
 輝の会は業念消去により、新型コロナウイルス感染者を減少させ続けています。
新型コロナウイルスの原因である業念の推移
 新型コロナウイルスの原因である業念の推移を公開。
新型コロナウイルスの業念消去による人命救助
 輝の会は、新型コロナウイルスの業念消去により26万人以上を救済しました。
新型コロナウイルス問題を解決する輝の会
 輝の会は新型コロナウイルス問題を解決しています。
輝の神が仏教・神道・キリスト教の最高指導神である事実の証明
 新型コロナウイルス対応により、輝の神が仏教・神道・キリスト教の最高指導神である事実が証明されました。
未浄化霊救済による新型コロナウイルス対策
 輝の会は未浄化霊救済による新型コロナウイルス対策を実施しています。
新型コロナウイルスのエネルギー源を新たに発見
 輝の会は新型コロナウイルスのエネルギー源を新たに発見しました。
新型コロナウイルス感染者数(日本・世界)の同時減少を実現
 輝の会は新型コロナウイルス感染者数(日本・世界)の同時減少を実現しました。
新型コロナウイルスと寿命エネルギー
 新型コロナウイルスによる高齢者の致死率が高い理由を解明。
新型コロナウイルスのエネルギーを削減する輝の会
 輝の会による磁界エネルギー治療や新型コロナウイルスのエネルギー削減により、166万人を救命しました。
新型コロナウイルス感染者数(日本・世界)の同時減少を再び実現
 輝の会は新型コロナウイルス感染者数(日本・世界)の同時減少を再び実現しました。
新型コロナウイルスのエネルギーである業念の重さ
 輝の会は、新型コロナウイルスのエネルギーである業念を反射する対応を追加しました。
第4波を収束させる輝の会
 輝の会は業念消去等により第4波を収束に向かわせています。
第5波収束に向けた輝の会の新型コロナウイルス対策
 輝の会の対応により、第5波が収束し始めました。
第5波を収束させた輝の会
 輝の会の新型コロナウイルス対応により、第5波が収束しました。
新型コロナウイルスで他界するのは霊位マイナスの人のみ
 霊位マイナスの人だけが、新型コロナウイルス感染症で他界しています。
新型コロナウイルスで他界するのは霊位マイナスの人のみ(2)
 霊位マイナスの人だけが新型コロナウイルスで他界する理由の説明。
霊位マイナス者数と新型コロナウイルス死者数の関係
 霊位マイナス者数と新型コロナウイルスによる死者数には相関があります。
マイナス霊位と金運の関係
 マイナス霊位と金運の関係の解説。
ジョンソン英首相を救済した磁界エネルギー治療
 ジョンソン英首相を新型コロナウイルス感染から救済したのは、輝の会の磁界エネルギー治療です。
野々村真さんを救済した磁界エネルギー治療
 野々村真さんを新型コロナウイルス感染から救済したのは、輝の会の磁界エネルギー治療・寿命エネルギーです。
自粛要請で失われる命
 自粛要請で失われる命があります。
 自粛要請を行う場合、この点を考慮する必要があります。
安倍内閣を支えた信頼運
 安倍首相の信頼運の解説。緊急事態宣言で信頼運は失われました。
自由は命よりも尊い
 自由には命よりも大きな価値があります。
国家の目的は国民に自由を与えること
 国家は国民に自由を与えるために存在します。
緊急事態宣言、反東京オリンピックにより失われた信頼運・自由運
 緊急事態宣言、反東京オリンピックにより失われた信頼運・自由運の解説。
新型コロナウイルスの感染証明は国の責任
 新型コロナウイルスの感染証明は国の責任です。
緊急事態宣言により信頼運等を失う日本人
 緊急事態宣言により日本人は莫大な信頼運を失いました。
ワクチン接種による寿命エネルギーの減少
 ワクチン接種による寿命エネルギー減少に関する解説。
ワクチン接種によるマイナスの影響(新型コロナウイルス)
 ワクチン接種により社会的損失が発生します。
ワクチン・マスク強制による自由運減少
 ワクチン接種やマスク着用を強制すると、強制する人は自由運を失います。
新型コロナウイルスは病気の真の原因ではない
 症状がある人だけに存在する病気の原因が、真の病気の原因です。
新型コロナウイルスは病気の真の原因ではない(2)
 症状がある人だけに存在する病気の原因が、真の病気の原因です。
 これは新型コロナウイルスではありません。
新型コロナウイルスは病気の真の原因ではない(3)
 新型コロナウイルス感染症の真の原因は業念です。
現役地球人類が不調和想念の影響を受ける理由
 現役地球人類が不調和想念の影響を受ける理由を解説しました。
霊位・想念・磁荷・電荷の関係
 霊位・想念・磁荷・電荷の関係を整理しました。
新型コロナウイルス感染症の真の原因は電荷コントロール能力の欠如
 新型コロナウイルス感染症の真の原因は発症者の電荷コントロール能力の欠如です。新型コロナウイルスは真の原因ではありません。
マスク強制による新型コロナ感染拡大
 日本の感染者数が多い主な理由は、マスク着用の強制です。
新型コロナウイルス感染症の原因となるマイナスの武器削減運
 マイナスの武器削減運は新型コロナウイルス感染症の原因です。
新型コロナウイルス感染拡大と武器削減運の推移
 新型コロナウイルス感染拡大により武器削減運のマイナスが縮小しました。
自国民の命を奪う他国攻撃可能な軍事力
 アメリカ人90万人以上がアメリカの軍事力の犠牲になりました。
日本人3万人以上の命を奪った安全保障関連法
 安全保障関連法により3万人以上の日本人の命が失われました。
無償磁界エネルギー治療終了のお知らせ
 新型コロナウイルス感染症の対策として実施していた無償磁界エネルギー治療を終了しました。
輝の会コロナ救命人数(霊位・積徳量速報)
 輝の会コロナ救命人数の速報。(霊位・積徳量速報の No.20)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.